FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
第33回・バイクの教習所に入校しました
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070427wadaph1.jpg
山梨にて吉田うどんを食す虫象


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●3月3日
近所にあるバイク専門の教習所は全国でも最低レベル(5万5千円弱)の値段で大型自動二輪の免許が取れるということで入校する。
20070427wadaph2.jpg


いずれはとっておきたかった大型二輪免許。
今は金も余裕あるし気分転換にもちょうどいいだろう。


●3月5日
沢井君との生活にも慣れてきた。

教習所で750ccバイクに乗るのは楽しいし、ジャスコで買い物をして夕食を作り、沢井君と酒を飲み、お笑い番組を観る今日この頃。

平和な日々だ。



虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿34 いよいよ関西入りですね。日本で一番オモロイ、ってかディープな地域だけに旅も盛り上がるでしょう。うちの地元は地味ですが、立ち寄った際にはぜひまた読者の集合をかけてください。
(岡山県・ソフトパンク)

編・たしかにディープですね。あの虫象が街で偶然出会った娘さんと、ラブホに行けちゃうんですから※07年6月号参照。もっとも、その後、連絡は取れてないみたいですが、ムフフフフ



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。



※第34回へ続く

Top画面へ

第32回・鹿と戯れ、京都へ上洛
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070427wadaph3.jpg
和田虫象、26才。旅を始めたばかりの北海道では陸亀に寂しさを打ち明ける日もありました


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●2月28日
寺社仏閣見学が続いたので今日は街をまわることに決める。

奈良町とよばれるエリアを散策。随分としゃれたカフェやごはん屋が点在している。

北海道で買って以来、連日連夜はき続けていたカーゴパンツの尻が破れてきたため、新しいズボンを買わねば。

小さなショップで気に入ったカーゴパンツを見つけ、小一時間迷った末、消費税をまけてもらって購入した。


●3月1日
奈良公園で鹿と戯れ、東大寺へ行く。
20070427wadaph4.jpg


大仏拝観は金がかかるし、かつて見たことあるので適当に境内をぶらついていると、無料の勉強会「仏教入門」を発見。早速、受講してみたのだが、途中で居眠りしてしまった…。


続けて、正倉院、春日大社を冷やかして、夜、東大寺の「お水取り」を見学。なんでも奈良の春を呼ぶお祭とされるらしい。


その後、京都に住む女友達・シズカさん(かつて東京で知り合った)の家へ電車で移動、数日泊めてもらうことになった。

が、シズカさんは彼氏の家にほとんど入り浸り。ために、彼女がルームシェアをしていた男友達の沢井君とオレ、2人の共同生活が始まることになった。

見知らぬ人と一緒にって、ダイジョウブか、オレ…。

虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿34 とうとう、冬を越えましたねー。あの調子じゃ、絶対、凍死すると思ってたのにな(笑)。さすが『きっついお仕事』で鍛えただけあって体力もハンパないっすね。
(神奈川県・湘南大王)

編・ただ問題もございまして。あり余る体力は日常生活でも消化できるんですが、コッテリと股間に溜まる精力ばかりは、自然と消化するわけにもいかないんですよね。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。



※第33回へ続く

Top画面へ




轢き逃げしちまった!/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、2001年7月号・特集『絶体絶命からの脱出』より轢き逃げでお送りします。


裏モノNEWS特別連載
特集『絶体絶命からの脱出』より
轢き逃げしちまった!


取材+文 編集部

最終回 第1回はコチラから

車から指紋が出たら
一発でアウトだったが


 中原は車を大通りに向けて走らせた。行先は隣接するA市の林。彼らの起こした事故現場はドチラもB市内、A市まで車で15分の距離だ。そして杉原が住むのはC市。市が変われば、警察の管轄も変わり、捜査を混乱させられるんじゃないかと考えたのだ。

「そしたら先輩が『オマエ、何でそんなこと知ってんだよ。マジ天才だよ!』だって(笑)。本当は他に頼る知識がなかっただけなのに。けど、正直言ってこんな小細工は、すぐにバレると思っていました」

 C市内へ入り、裏道、農道を通って林の奥へ。時計の針が間もなく2時にさしかかろうとした日中、中原は車を乗り捨てた。

「昼間だっつのに、めちゃめちゃ気味の悪い林なんすよ。もちろん人通りはまったくありません。最低1週間ぐらいは放置されるんじゃないかって感じでした。えっ? 車のフロントには被害者の血はついてなかったですよ」

 翌朝はソッコーで新聞をチェックした。が、それらしき記事は掲載されていない。翌日も、さらにその次の日も該当する記事は見当たらない。

「あっ、こりゃオレが轢いた人は無事だったんだなぁと思いました。けど、安心したとたん、今度は警察の目がむちゃくちゃ怖くなり始めちゃって」

 とりあえず、杉原が提出した盗難届は無事に受理されたらしい。が、放置した車から指紋が出れば一発でアウトだ。実は中原、中学時代に指紋を採取された経験があったのだ。

「一応、ハンドルは拭いたんですけど。なんで、隅隅まで掃除をしてこなかったのかって猛烈に悔やみました。かといって現場に出向くのは危険すぎるし。

 数日後、杉原から連絡があった。自宅に警察が現れ、次のように話したという。

「盗まれた車が見つかりました。隣のC市の林からです。それがですね、この車、途中で事故を起こし犯人が乗り捨てたみたいで。えっ、犯人の指紋? 破損状態が激しく、残念ながら」


 まさに卑劣極まりない犯罪。話を聞いてて、正直、怒りさえ覚えるが、一方で中原がこの3年間を逃げ切ったのも事実だ。

「もちろん、反省してますよ。未だに夢に出てきますもん……」

 そう言って神妙な顔をしてみせる中原。自首する気はないのかという問いには、黙って首を横に振った。

最終回

裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
最新刊・2007年6月号の特集は…
『浮気がバレない方法・見破るテクニック』です

オンナ遊び大好きの裏モノ読者にとって、彼女・奥さんバレほど気がかりなもんはないはず。一体、どんな言動や行動で見破られてしまうのか?

ナンパな季節に向けて必読の一冊です!!


◆基本的なバレ方&対処法
→携帯や服装などにおいて気をつけるべき点など。オンナたちは日常生活ですべてを見破る!


こんな意外なことから発覚しました(泣)
◆浮気バレの盲点
→携帯メールで浮気がバレるならまだ納得。が、思わぬところから漏れてしまうから、怖いんですよね…


浮気経験アリの男性50人に聞きました
◆「使える言い訳」教えてください
→バレそうになったら、どうやって言い逃れるか!遊んじまったものはしゃあない。次善策が重要也♪


調査結果は100%クロ!
◆興信所はこうしてアナタの悪事を暴く
→いくら入念に嫁対策を施しても、探偵に狙われたら、どんな結末が待っているか…


あなたの嫁や彼女は大丈夫?
◆オンナはこうして浮気する 
→下半身が緩いのは、何も男だけとは限りません。元々、浮気隠しにおいて一枚も二枚も上手な女たちは、どうやって旦那や彼氏をゴマカシておるのでしょうか


2ちゃんねるに書き込まれた凄絶体験談!
◆妻を寝取られた男に待っていた信じられない運命とは?
電車男の浮気バージョンとでも言いましょうか。余りに衝撃的なラストに言葉を失くします…


購入はコチラからお願いします→◆携帯 ◆PC
第31回・明日香な寺社仏閣を見仏記
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070424wadaph1.jpg

北海道で昆布漁に励んだコトもありました


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●2月26日
當麻寺(たいまでら)のついでに二上山に登る。

近鉄線で明日香村へ移動し、高松塚古墳、石舞台古墳、飛鳥寺を見学、耳成山まで歩く。

今日は一日歩き通しだったので足が痛い。スーパー銭湯で長風呂し、足をモミ続けた。


閉店時間の深夜2時まで仮眠。缶ビールを飲むと急に眠気に襲われ、近くで見つけた畝傍駅で寝る。



●2月27日
ヒッチハイクで斑鳩へ。

法隆寺を無料のボランティアガイドとともに、3時間かけてゆっくり回った。
20070424wadaph2.jpg



JRで奈良市へ移動、ユースホステルに泊まる。

宿泊者は俺以外に男が1人だけだ。女子との交流を期待していただけに悲しい…。



虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿33 最新号、読んだでぇ~。大型免許を取ったら、バイクで移動もええんちゃう。単車を買う金がない? ほな、誰かにコッソリ借りたらええやん(笑)。
(大阪府・バンチョー)

編・ちょ、ちょっと。そんなコトしたら連載が終わってしまうじゃないですか。もっともバンチョーさん名義のバイクなら断わる理由はございませんが。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。



※第32回へ続く


Top画面へ
轢き逃げしちまった!/第3回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、2001年7月号・特集『絶体絶命からの脱出』より轢き逃げでお送りします。


裏モノNEWS特別連載
特集『絶体絶命からの脱出』より
轢き逃げしちまった!


取材+文 編集部

第3回 第1回はコチラから

「今朝の10時に車を
盗まれたことにしてくれ」


 振り返るとそれは人だった。衝突する数秒間の記憶は抜け落ちているものの、周囲の状況からいって自分の運転する車が轢いたのは間違いない。

「救急車を呼ぶ? そんな余裕ないっすよ。冷や汗を流しながら、無意識のうちに、アクセルベタ踏みで逃げ出しましたもん。被害者が血を流したかどうかもわからないんです」

 そして、気が付けば住宅街を走り抜けていたそうだ。いったい罪の意識はないのか。そう問えば、即座に「ある」と答える中原。が、一方で17才の少年は冷静に頭を働かせていた。

「人を轢いたんだから、めちゃめちゃヤバイじゃないっすか。なのに先輩は『どうする? 急いで修理屋に持って行くか』とか、『このまま杉原に返しちまおう』なんて、トンチンカンなことばかり口走ってんすよ。でも、そんなことすれば、ソッコーで足がつきますよね? で、無い知恵絞って考えたのが、車を林に捨てたらどうかったこと。子供じみたアイデアかもしんないけど、代車を盗まれたことにして、でっち上げの犯人の仕業にしょうと考えたんですよ」

 思うが早いが、彼はすぐに車を停め、杉原の家へ電話を入れる。

「ヤツに説明するのが大変でした。『事故った』と言ってもなかなか信じてくんないんすよ。まっ、そりゃそうですよね。河原で遊んでいるハズなのに、住宅街のど真ん中で人を轢いた、なんて。けど、アイツもオレらの様子が尋常じゃないって気付きまして。急に神妙な声で『オレは何をすればいいんだ?』って開き直りました」

 話を聞く態勢になった杉原に中原は説明する。

 まず、親父と一緒に警察へ出向き、代車の盗難届けをだすこと。その際、杉原自身は大人しい服装で警官に好印象を与える。さらに、代車は今朝10時、地元のスーパーの駐車場で盗まれたことにすること。
 轢き逃げプランは『ニセ盗難届』が通るか否かにかかっていた。杉原親子が中原の人生を握っているも同然だった。

 一方、この間に土井は現場近くに住む友人へ電話を入れ、事故の様子を探りに行かせていた。返事は次の通りだ。

『やっぱりひき逃げ事件があったみたい。人だかりができて、救急車も来てたよ』

 地面には多少ながら出血の跡も残っていたという。話では、被害者の生存だけは確認できたらしい。

「残る問題は車をドコに捨てるかですよね」


最終回へ続く(4月24日17時公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
轢き逃げしちまった!/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、2001年7月号・特集『絶体絶命からの脱出』より轢き逃げでお送りします。


裏モノNEWS特別連載
特集『絶体絶命からの脱出』より
轢き逃げしちまった!


取材+文 編集部

第2回 第1回はコチラから

フロント左方で
何かが跳ねた…


 河原から逃げた2人は、街中へと車を走らせる。

「普通は運転を交代するトコなんでしょうけど、先輩もビビリまくっちゃってて。だから危険を承知でオレがコロがしていたんです。けど、実はそのとき車そのものがヤバイことになっていまして」

 対向車の運転手の視線に気付き、外へ出た中原は腰を抜かす。フロントバンパーが大きくよじれ、右側へ30~40センチほど突き出していたのだ。
 この車はたった今、事故を起こしたばかりです。そう宣伝しながら走っているようなもの。

「そしたら先輩がまたビビっちゃって。『バカ丸出しじゃねーか。警察が来たらどうすんだ!』って、わめき始めたんすよ。そんなのオレに聞かれても困るっつの」

 深呼吸で息を整え、車を発進させる中原。が、相当、気が動転してたのだろう。信号は赤のままだった。しかも、その矢先、右方向から突然パトカーが現れた。

 咄嗟に身をかがめる2人をパトカーが徐行していく。助手席に座る警官が彼らの代車を繁々と眺めているのがわかった。

「あっ、こりゃ絶対にパクられるな、って覚悟しましたよ。そうなりゃ、オレの経歴から言って間違いなく鑑別所行き。もう口から飛び出るほど心臓がバクバクですよ。けど、警察はそのまま左へ走り抜けてって。信号が青に変わった瞬間、猛ダッシュしましたよ」

 彼は50メートル先の交差点を右に曲がり、住宅街のど真ん中を目指した。近所には別の先輩の家があり、事故車を一時匿おうと考えたのだ。

「その前に、ともかく杉原に事情を話そうと、携帯を取り出したんですよ。その瞬間でした」

『ドンッ!!』

 ケータイを握り締めながら彼は、鈍い音と共に、フロント左方で何かが跳ねるのを見た。


第3回へ続く(4月23日17時公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
第30回・熊野三昧
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070422wadaph1.jpg

四日市で知り合った森村さんとフィリピンパブへ。困惑の表情の虫象


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●2月24日
熊野古道センターを見学。
ヒッチハイクが中々上手くいかずに、いじけムードになってくる…。


おばあちゃんのクラウンに乗せてもらい、一緒に和歌山県新宮市へ。
20070422wadaph2.jpg

さらには一緒に熊野本宮大社・熊野那智大社・那智の滝へ進み、夜は那智駅で寝た。


●2月25日
冬の期間だけ川の一部ををせきとめ造られている川湯温泉仙人風呂に入った。
結構ぬるいし、場所によっては冷たいくらいだ。


那智本宮大社から、奈良県十津川村を経由して五條市へ。
柿の葉寿しを食べる。

風が吹き込み寒そうなので、大和高田市まで移動後、漫画喫茶で寝た。



虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿32 和田さん、こんにちはー。ボクは青森からほとんど出たことないので、日本中を回るなんて、純粋に羨ましいです。もちろん、お金のある旅行だったらの話ですが(笑)。
(青森県・zipzip)

編・ヒッチハイクの運転手さんに、お小遣い恵んだりしてもらって、中々、悪くない旅だと思うんですけどねー。もちろん貯金ができるほどではありませんが。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


※第31回へ続く


Top画面へ



今月号のフロクブログに末森健登場
本誌に掲載しきれない写真やコボレ話をUPする『今月号のフロクブログ』に末森健が初登場です。

20070420suekenph7.jpg


2007年05月号掲載、スピリチュアル女との一戦を別角度からお楽しみください♪


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
轢き逃げしちまった!/第1回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、2001年7月号・特集『絶体絶命からの脱出』より轢き逃げでお送りします。

 飲酒運転による交通事故が社会問題化され、取締の強化が行われておりますが、その背景には飲酒だけでなく、モラルの低下から『轢き逃げ』が急増していると言います。コトは6年前。裏モノにも、轢き逃げの投稿が寄せられたのですが、話を持ち込んだ男は、いかにして逃亡を遂行したのか――。本日より数回にわたってお送りします。


裏モノNEWS特別連載
特集『絶体絶命からの脱出』より
轢き逃げしちまった!


取材+文 編集部

第1回

『3年前(1998年)にひき逃げ事件を起こしてしまいました。しかも無免許で。これって記事になりますか?』
 ゴールデンウィーク直前の金曜日、編集部に一通のメールが届いた。送り主は自称ハタチのフリーターである。

 臆面なく自らの『轢き逃げ』体験を告白するなんて、タチの悪い冗談か。半信半疑、返事を出すと、まもなく電話がかかってきた。そして、男は事も無げにこう呟いたのである。

「ナニ言ってんすか? 警察には捕まってないっすよ。うまく逃げ切ったんですから」
「えっ?」

 直前に調べた警察白書によると、死亡事故の轢き逃げ犯人検挙率は9割以上。人を轢いたが最後、絶対逃げられない絶体絶命の状況である。そこを逃げ切ったというのはどういうことなのか。

「よろしければお話しますけど」

 5月上旬、約束の場所に現れた中原ヨシキ(仮名)はロングTシャツにジーンズ姿、どこにでもいる普通の若者だった。

前方の車にぶつけた途端
パニックに陥った


 中学1年から河原で原チャリを乗り回していた彼が、初めて車を運転したのは高校2年の春のこと。ワル仲間の先輩に誘われたのだ。
 オートマのオンボロカローラを15分ほど河原で試乗し、いきなり公道へ飛び出した。

「普段からバイクで走り回ってたんで、オートマならラクショーって感じでしたね。アクセル踏むだけだし。オレらのダチはみんな無免許運転してましたよ」

 ノーマルな運転に飽きると次に中原は、河原でのドリフト遊びにのめり込む。
 路面状態の悪い土や砂利の上を速度20~30キロで走り、一気にサイドブレーキを引く。と、『キュルキュルキュルー』と車がクルクル回る、そのスリルが最高だった。

 しかし、そんな派手に遊んでいて警察が黙ってるのか。住民に通報されて当然だろう。
「田舎なんで、河原沿いに家なんかないっすよ。月に2~3回程度なら絶対にバレませんね。けど、それで調子に乗ったのが、間違いだったんすよね…』

 平成10年秋、彼は運命の日を迎える。

「その日は朝8時に、地元の先輩の土井さん(仮名)が誘いにきまして。オレの親友でもある杉原(仮名)から、車を借りてきたんすよ。しかも『代車』です」

 代車とは、マイカーの修理期間などに一時貸し与えられる車のことだ。名義はあくまで業者のものだから、荒っぽい運転で遊ぶ彼らにとっては最適らしい。

 河原沿いへは10分少々の距離。到着後、すぐにブォンブォンとエンジンを響かせながら、乾いた土の上で代車をスピンさせまくった。

 12時半、腹が減ったからマックへ行こう、と土井が中原を誘った。

「このとき、先輩に運転んを任せていれば問題なかったんですよ。けどオレ、どうしてもドライブするーを通ってみたくって。自分からハンドルを握っちゃったんすよ」

 河原の土手を上り、尾根づたいに砂利道を走らせる。道幅約10メートル。車2~3台が十分通行できるスペースだ。
 確認できる障害物は1~2キロ先にある駐車中の黒い車1台のみ。バックミラーには何も写ってない。

「チャンス! と、思いながら、ムリヤリ車をドリフトさせました。先輩は『危ねー!!』って怒ってましたけど。そしたら案の定、急にハンドルが制御不能になっちゃったんですよ。もう、そのまま土手の下へ落ちる寸前でした」

 その直後、彼の耳に届いたのは、『グシャッ!』という衝突音だった。前方に見えた黒い車に突っ込み、やっとのことで停車したのだ。

「いや、マジでビビった。ビビリまくりですよ。ケガはまったくなかったけど、相当、大きな音がしたんでしょうね。川のそばにいた人たちがボクらを凝視してるんすよ。んだよ、テメーらフザけんな、とか思ったんすけど、黒い車を見たら、後部座席のドアが完全にヘコんでました…。それで一気にパニくっちゃって」

 普通なら、この時点で警察を呼び、事故証明を取るのが筋道だ。逃げようにも、周囲には大勢のギャラリーがひしめいているのだから、犯行はバレバレである。

 が、土井がそうはさせなかった。表情をこわばらせ、唇をガクガクさせながら『逃げろ!』と中原を怒鳴ったのだ。

「そんなことして平気かよ。って、思いましたけど、言い返す余裕もなかった。とにかく手足がガクガクなんですよ」

 怒号とともに代車をいったんバックさせ、進行方向へハンドルを軌道修正。近くに持ち主がいなかったのが、不幸中の幸いだ。そのときの中原は、そう思っていたという。


第2回へ続く(4月22日17時公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
実働部隊に加わったある日本人男性の告白…私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ピッキング窃盗団でお送りします。


裏モノNEWS特別連載
実働部隊に加わったある日本人男性の告白
私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした


鎌田博次 38才 仮名

最終回 ※第1回はコチラから


本気で私を殺す
つもりだった


 仕事が終わると、彼らの溜まり場である横浜の中華料理屋(主人は蛇頭)に行くのが決まりだった。店の奥に個室があり、そこでメシを食いながら『上がり』を分けるのだ。

 現金はもちろん、商品券などは換金して均等で割り、通帳と印鑑があれば、『下ろし専門』の中国人に渡す。首尾よく金を下ろせたら、半分がバックされる約束だ。
 ブランドのバッグや時計、貴金属などは、中国人の女性バイヤーに売った。横浜某所にある、中国人が情報交換に集まる生活雑貨屋が彼女との接触場所だった。

 あるとき、ダイヤの指輪をさばきにいったときだ。

「アナタ、日本の人?」

 突然、彼女が日本語で聞いてきた。そうです、と答えると、怪訝そうな顔をし、以降、一切話しかけられることはなかった。

 彼女も例外でなかった。これまでに出会った中国人たちは皆、私が日本人だとわかると、あからさまに嫌な顔をする。日本人が中国人コミュニティでウロチョロするなと言いたいのだろう。

 ワンが、知人に貸した金を取りに行くのに付き添ったときは、特にひどかった。

「××××××!!」

 玄関先で相手の男に腕を掴まれ、部屋の中に引っ張り込まれた。後でわかったことだが、日本人に家の場所を知られ、本気で私を殺すつもりだったらしい。

 しかし、ワンたちだけは私を心から信用していた。日本人でいながら、自分たちと一緒に犯行をこなす男。彼らにすれば、もはや同胞に近い感覚だったのかもしれない。

「カマタサン、一緒ニ福建省行ッテ、一緒ニ住モウヨ。土地アマッテルカラ」

 どこまで本気なのか、ワンはそんなことも言った。彼は数年前に日本語専門学校に留学していたものの、書類の不備でそのまま日本にオーバーステイしたらしい。日本で稼いだ金で、すでに国の福建省に家を2軒も建てたという。

 一方、リーダーのソウは、密入国による来日。渡航費用の300万を蛇頭に払うべく、ピッキングに手を染めたらしい。

 私たちは、そんな身の上話もできる間柄になっていた。

泥棒だー!
捕まえてくれー!!

 実行部隊に加わって半年、03年12月のことだ。
 夕方4時過ぎ、私たちはある住宅街に建つ、8階建てワンルームマンションの前にワゴンを停めた。

「まだちょっと早いかな」

 ワンルームマンションには1人暮らしの学生などの若い人間が多く、夕方でも部屋にいることがある。

「確認スレバ、ダイジョウブヨ」
「だな。行っちゃおうか」

 ピンポンピンポン――

 最上階の角部屋。チャイムを何度鳴らしても、誰も出てこない。電気メーターの回転速度もジンワリと遅い。よし、行け。

 2分後、ガチャリとドアが開き、室内に飛び込む。その瞬間だった。

「うわっ!」

 目の前の布団から若い男が起き上がった。目が合った。

『やべっ!』

 すでに他のメンバーたちは非常階段に向かって走り出している。その後姿を追いかけ、全速力で階段を下りた。

「泥棒だー!捕まえてくれー!!」

 男の絶叫が後ろから聞こえる。顔を見られたのは私一人。戻って殴り倒すか。クソー。

 果たして、私はマンションの前の道路で数人の男たちに押さえ込まれた。

「110番呼ぶぞ!逃げんなよ!」

 やっちまった――。



 今でも逮捕された瞬間のことはよく思い出せない。スーツ姿のままパトカーに乗せられ「現行犯逮捕だ」と言われたことぐらいか。

 判決は1年6カ月。奇跡的に3年の執行猶予がついた。初犯だったこと。主犯格じゃなかったことが実刑を免れた理由らしい。

 捕まらなかったワンたちとは、あの日以来、連絡を取ってない。おそらく別の人間を引き入れ、今でもドコかでピッキングを繰り返しているのだろう。私はもう盗みは懲り懲りだ。



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


<PR>サンプル動画多数!!
エロ動画見放題!!
第29回・熊野詣とさんま寿司
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。


20070419wadaph1.jpg
雪の郡上で吾何想ふ


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●2月22日
外宮参拝。
蔵の多いエリア河崎を周り、二見へ。

夫婦岩を見学するも、思ったよりしょぼい。

さらに移動しようとヒッチハイクするがなかなかつかまらず気分が落ちてくる。

野宿する元気などないので近くのユースホステルに泊まった。



●2月23日
三重県南部・尾鷲市へと辿り着く。

世界遺産の熊野古道のひとつ「馬越峠」を歩いてみた。
と、想像以上にきつい。

道の駅で買っておいた名物・さんま寿しを食べ、晩は文化会館前で寝る。
20070419wadaph2.jpg



虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿31 暖かくなってきたので、旅もしやすくなってきたことと思います。私は、しがないサラリーマンですが、和田さんの記事を見て、大いに力づけられます。日本全国広しと言えども、このような旅行をしている方はおられない。私の地元に立ち寄った際は、自転車をプレゼントしますよ。高知県ですが(笑)。
(高知県・ポリスメン)

編・南国高知なんかに立ち寄った日には、四国を出られなくなるかも。ちなみに、オナゴの尻は南国風味の開放モードでしょうか? 自転車よりも、ソチラの方が切実です。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


<PR>ヤリたい時だけ直メ
本気で逢えるぞ!!



※第30回へ続く

Top画面へ
実働部隊に加わったある日本人男性の告白…私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした/第4回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ピッキング窃盗団でお送りします。


裏モノNEWS特別連載
実働部隊に加わったある日本人男性の告白
私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした


鎌田博次 38才 仮名

第4回 ※第1回はコチラから


実行部隊に加われ
ないだろうか


 スーツを着て営業マンを装い、見張りに立つこと1年。罪悪感は完全に消えうせた。
 通行人に不審な目を向けられ、嫌な汗をかくことも少なくなかったが、報酬を考えれば十分耐えられる。
 どころか、私は次第に別の好奇心を覚え始めていた。自分も実行部隊に加われないだろうか。私の技術を持ってすれば…。

 一度芽生えた思いは常に消えることなく、ついに私は言ってしまう。

「カギ、開けてやろうか?」

 果たして、彼らは拍手喝采で私を迎え入れた。当然だろう、オープン役(ピッキングで解錠する人間)がもう1人増えれば、稼ぎも上がるのだから。

 プロの技術を見せてやる。3日後、自信満々で初仕事に臨んだ私は、見事に彼らの期待を裏切る。想像以上の緊張で、解錠に通常の3倍以上の時間をかけてしまったのだ。

「カマタサン、イソイデ!」

 ようやくカギを開け、ワンたちに続いて部屋に入ったものの、頭はパニくったまま。そこがカップルの部屋だとういうことと、貴金属と商品券を紙袋に入れたこと以外は覚えていない。

 しかし、慣れというものは恐ろしい。1週間もすれば、微塵の緊張もなくなった。ここで改めて、手口を紹介しておこう。

 チャイムに返事がなく、電気の回転メーターがゆっくりなら、住人不在と判断し、仕事に取り掛かる。解錠は、ピッキングかサムターン回し。サムターン回しは、手動ドリルで鍵穴の横に穴を開け、棒を差し込み、内側からカギを開ける方法だが、ほとんどのマンションは今でもディスクタンブラータイプ。ピッキングだけで開いた。

 解錠が終われば、全員で土足のまま上がりこみ、住人がいないことを確認。一部屋ずつ「品物」を虱潰しに探していくだけ。
 現金、商品券、ブランド物のバッグ、時計、貴金属。基本はその5つ。ちなみにリーダーのソウは、何に使うのか、特にパスポートを狙っていた。

最終回へ続く(4月20日12時公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


<PR>ヤリたい時だけ直メ
本気で逢えるぞ!
ヤクザ映画の世界そのまんま!“兄弟盃”を撮影するバイトを体験
本日、水曜日は過去の読者ページより人気作品を無料UPする裏モノ傑作選の更新日です。

今回の内容は、
ヤクザ映画の世界そのまんま!
”兄弟盃”を撮影するバイトを体験



フリーのしがないカメラマンが、ひょんなキッカケからヤクザの祝い事の撮影を依頼された。恐怖の現場で冷や汗をかきながらシャッターを押し捲る主人公の末路は…。


コチラの携帯サイトから見れます☆


傑作選はパスワードフリーでいつでも見られますので、皆さん存分にお楽しみください。

『エロ写メ倉庫』につきましては、従来通りパスワードが必要です。入手方法はコチラ→a@urajp.jpに空メールを送ってメルマガ登録するだけ。
ただし、パスワードは原則月・金の週2発行予定ですので、先に入手されたい方は、件名に『パスワード希望』と記して、コチラ→info@urajp.jpまでメールをください。





◆ドメイン規制をされてる皆様へ
ドメイン規制をされてるため、メルマガが届かないことがございます。urajp.jpの規制を解除されますようご注意お願いします。


また、一部のソフトバンクご利用の皆様に、メルマガが到達しないとのご報告を受けました。次の手順で迷惑メール設定の変更をお願いしております。※docomoやezwebの方でメルマガ登録したのに届かない、という方も同じ可能性が考えられますので、下記手順を参照に解除設定をお願いします。


◆解除設定の方法まずは、携帯ウェブのメインメニューから
1・My SoftBank

2・各種変更手続き

3・オリジナルメール設定(メール各種設定)

4・暗証番号(契約時に登録するものです)

5・迷惑メール関連設定

6・URLリンク付きメール拒否設定

7・受け取る(これにて完了です)


以上、よろしくお願いします☆


実働部隊に加わったある日本人男性の告白…私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした/第3回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ピッキング窃盗団でお送りします。


裏モノNEWS特別連載
実働部隊に加わったある日本人男性の告白
私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした


鎌田博次 38才 仮名

第3回 ※第1回はコチラから


日本人が見張り役に
向いてる理由


 ワンは完全に私を取り込んだと思ったのだろう。毎日ドライバーを務めるようになって1週間、今度は見張り役をやらないかと持ちかけてきた。

「僕タチガ部屋ニ入ッタトキ、誰カ人ガ来タラ、携帯デ教エテクレレバイイダケ。簡単デショ?」

 確かに、仕事は簡単だろう。が、背負うリスクは大きい。見張り役といえば、実行犯も同じではないか…。

「無理シナクテイイヨ」
「金は同じなのか?」
「エ?」
「3万円じゃ受けられないな」
「ハハハ。金ハミンナデ、均等ニワケルカラ」

 均等? マジか? 少なく見積もっても、ヤツらの売上は、月に7~800万円。それが頭割りとなれば見入り150万は堅い。単純に運転手の倍。手を出すに見合う報酬ではないか。断わる理由なんかどこにある?

 ワンの申し出を受けた翌日、あらためて仕事の詳細を聞かされた。
 活動拠点は、都内から車で2時間程度の範囲。現場に着いたら手袋をはめ、ナイフ、ピッキングツール、サムターン回し用の手動ドリルが入ったリュックを持って、マンションに侵入する。堂々と塀を乗り越えれば意外に目立たないらしい。
 ワンたち実行部隊は、最上階から部屋を物色していく。リーダーのソウがピッキング解錠し、室内へ侵入。カギを開けられるのはソウ1人だけらしい。
 中に入ったら、紙袋に金目のものを詰め込む。一つの部屋にいる時間は最長でも15分。ただし、連続で他の部屋に侵入することも少なくなく、場合によっては1時間以上、戻ってこないこともあるらしい。

 一方、私の仕事は実に単純。マンションの入口が見える場所に立ち、住人が帰ってきたら、リーダーのソウが装備しているインカム型ハンドフリー携帯に連絡するだけだ。
 もっとも、ワンたちは上の部屋から順番に攻めているので、住人の乗ったエレベータが、彼らより下の階で止まれば危険はない。再び部屋に戻り、作業を続ける。逆にエレベータが上の階に近づいたら非常階段を一気に駆け下りるだけだ。

 ワンによれば、見張り役は中国人よりも日本人の方がはるかに向いているらしい。路上で職質されても日本人ならいくらでもゴマカシがきくからだ。

第4回へ続く(4月19日22時公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


<PR>サンプル動画多数!!
エロ動画見放題!!
実働部隊に加わったある日本人男性の告白…私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ピッキング窃盗団でお送りします。


裏モノNEWS特別連載
実働部隊に加わったある日本人男性の告白
私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした


鎌田博次 38才 仮名

第2回 ※第1回はコチラから


運転手の報酬は
1日6時間で3万円


「カマタサン、久シブリ。イマ仕事手伝ッテクレル人探シテマス。ヨカッタラ、簡単ナアルバイトシマセンカ?」

 1カ月後、教えた携帯にワンから電話がかかってきた。簡単なアルバイト。内容は聞かずもがなだろう。

「ワン君、正直、ヤバイ仕事はしたくないんだよね」
「ダイジョウブ、運転手スルダケ。僕タチヲ乗セタ車デ、アチコチ行クダケデスヨ。簡単デショ?」
「いや、そういうことじゃなく」
「カマタさん、昼ノ1時カラ7時マデデ、3万円払ウヨ」

 見透かしたかのように、ワンが私のことばを遮った。

「アナタニ迷惑カケナイヨ」
「……」

 ほんの1年前なら、聞く耳を持たなかったはずだ。が、ここのところ会社の業績が伸び悩み、頭を痛めていた。6時間3万円は、私の心を揺さぶるのに価する金額だった。
 ワンは泥棒を手伝えとは言ってない。彼らを乗せて運転するだけなら、警察に厄介になる危険は低い。そもそも私は何も知らないのだから。

 2日後の昼12時、上野駅でワンたちと落ち合うと、挨拶もそこそこに、目の前に停められたナビ付きの国産ワゴン車に乗り込んだ。見慣れない男が1人増えているが、見張り役だろうか。

「ソレジャ、三鷹ノ方ニ行ッテクダサイ」
 リーダー格のソウからの指示を、ワンが日本語に訳して私に伝える。素直に従うよりない。

「カマタサン、コノ辺デイイデス」
 ワゴンを住宅街の細い路地に停めると、即座にワンたちがリュックを背負って出ていく。新しく来た男だけは、マンションの前で携帯片手に立っている。

 30分後、金髪のチェンが、デパートの紙袋をいくつも抱え戻ってきた。トランクに荷物を放り込み、無言のまま車内へ。
 続いてソウとワン。同じく、大きな袋紙を手にしている。中身を聞き出したい衝動をぐっと堪えた。

「カマタサン、今度ハ八王子ノホウニ、オネガイシマス」
「りょうかい」

 こうして、その日は武蔵野方面を中心に10棟以上のマンションを回った。日が落ちてくるころには、トランクが紙袋でいっぱいである。

 上野駅で約束の3万円をもらうと、ワンが耳打ちしてきた。
「今度イツヒマ? 来週モ手伝ッテ欲シイデスヨ」
「…ああ、いいよ」

 たかが3万円に目がくらんで、翌週も、その翌週もワゴンを走らせた。ただ、運転するだけ。余計な話は一切しなかった。

 4度目のバイトを終えたときのことだ。
「カマタサン、明日カラ毎日手伝ッテヨ」
「え!?」
「月曜日カラ金曜日マデ。雨ノ日ハ、オ休ミダヨ」
 ワンによれば、これまで別にいた中国人運転手が突然姿を消してしまったという。

 毎日3万円。週休2日でも月に60万近くになる計算だ。
「わかった、やるよ」

 感覚は徐々に麻痺してきていた。


第3回へ続く(4月18日22時公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
エロ写メ倉庫にビッグパパ氏の写真をUPいたしました☆
20070416ph1.jpg


今回のお相手は高級クラブのホステスさん。スタイルバッチリなフェロモンとハメハメ・ナメナメです。


お嬢さん、おじゃマンしま~す画像を見るには→今すぐ裏モノ携帯サイト・『エロ写メ倉庫』へGO!
※エロ写メの閲覧にはパスワードが必要になります。コチラa@urajp.jpへいったん空メールを送ってメルマガに登録、最初のパスワード配信が届くのをお待ちください。
ただし、最初のパスワードが届くまでは、若干のタイムラグをいただいております。その前に「ぜひ見たい!」という方は、メルマガ登録後、件名に『パスワード希望』と記し、コチラinfo@urajp.jpまでご一報ください。

皆様の登録、お待ちしております(無料ですのでご安心を)!

実働部隊に加わったある日本人男性の告白…私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした/第1回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、窃盗団でお送りします。

 強盗や殺人など、異常ともいえる犯罪率の増加に誰もが不安を抱いているが、中でも、我々に身近で怖いのが窃盗団だろう。特に中国からの犯罪集団は恐れ知らずで犯行を繰り返し、今やピッキングという言葉も広く庶民にまで広がっている。今回は、彼らに手を貸し、最後は逮捕された、とある日本人の話である――。


裏モノNEWS特別連載
実働部隊に加わったある日本人男性の告白
私は中国人ピッキング窃盗団の一員でした


鎌田博次 38才 仮名

第1回

 もはや報道されることも少なくなったが、中国人窃盗団によるピッキング事件が未だ後を絶たない。
 現金はもちろん、通帳、貴金属など金目のものを根こそぎ奪取し、いざとなれば刃物片手に容赦なく相手に襲いかかる凶悪手口。最近では被害が地方にも拡大、ますます深刻な状況になっている。
 ちなみに、ピッキングとは専用の金属棒2本を使った解錠術で、技術を持った人間にかかれば、作業は1分とかからない。

 本稿に登場する鎌田博次氏(仮名・38才)は、日本人でありながら、1年半もの間、中国人窃盗団とともにピッキングを繰り返してきた人物だ。運転手や見張りなど、下っ端として参加することはあっても、窃盗実行部隊として日本人が中国人とタッグを組んだケースは極めて珍しい。

 中国人と共に犯行を繰り返し、ついには最悪の結末を迎えた1人の日本人の体験を紹介しよう。
(編集部)


上野で待っていたのは
学生風の3人の中国人


『カギ開け』には昔から興味があった。専門誌で錠前の仕組みを学び、ピッキング道具を購入。近所のカギ屋から使わなくなった錠前を分けてもらい、自宅でせっせとカギを開けた。もちろん、人様の家に侵入するためじゃない。パズルを解く楽しみのようなものだ。

 そうして培った技術を仕事に役立てようと、都内にホームセキュリティの会社を起こしたのが5年前のこと。金持ち風の家に飛び込みで営業をかけ、40万円程度の防犯システムを売った。

「奥さん、玄関のカギをこうして閉めたとしますよね。ちょっと見ててください」

 目の前で、得意のピッキングを使いカギを開ければ、ほとんどの相手が驚き恐怖する。折りしも時代はピッキング窃盗が大流行し始めたころ。売上は想像以上の滑り出しを見せた。

 自宅近所のフリー雀荘で知り合った自営業者、松山に相談を持ちかけられたのは、02年暮れのことだ。

「嫁の親戚がさ、セキュリティ設備について色々聞きたいって言ってんだよ。カマタ君の会社、ソッチ関連だろ。謝礼も払うって言ってるし頼むよ」

 確か彼の奥さんは、韓国エステで働く中国人女性だったはずだ。ことばが通じるなら、特に断わる理由はない。

 1週間後。待ち合わせ場所の上野のカラオケボックスの前で、3人の若い男が待っていた。

「カマタサン、初メマシテ。ヨロシクオ願イシマス」

 1人が、流暢な日本語で話しかけてきた。ワン、22才。松山の嫁の親戚らしい。
 彼の横で笑顔を見せるワンと同い歳ぐらいの金髪がチェン、細めの長身がソウ。3人ともパッと見は学生風である。

「普通ノオ家ニアル、セキュリティシステムニツイテ、教エテクダサイ、例エバ…」

 ワンの質問は、明らかに不自然だった。

 セキュリティシステムをかいくぐるには、電源を切るだけでよいのか、センサーの取り付け場所はどこで、その対処法はどうか。全てが『侵入する側』から見た質問である。

「とりあえず、セコムなんかのステッカーが貼ってある場所は、避けたほうがいいかもね」

 不審がりながらも、丁寧に教えてやった。この時点では、よもや、彼らの目的が『窃盗』にあったとまでは想像もしていない。

第2回へ続く(4月17日22時公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
第28回・岐阜から三重へ南下START!!
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。
20070416wadaph1.jpg
☆Mushizo with Bear in Hokkaido☆


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●2月19日
20070416wadaph2.jpg

寮を出て、ヒッチハイクで南下。
大垣市界隈の無人駅で寝る。

久しぶりの駅寝なのでいささか楽しみなくらい。
幸い電気ストーブが備え付けられていたので結構暖かく寝られる。



●2月20日
早朝から養老の滝を見学した。
多少気になっていた『養老天命反転地』なるアートなテーマパークへ寄る。

桑名市経由で四日市市へ移動。やけにテンションの高いおっさん・森村さん(50才)の車に乗せてもらい、夜、泊めてもらうことが決定した。

が、森村さんの知り合いの店や会社に連れ回され、さらには、フィリピンパブへ。
大げさな自慢話や説教じみた話をしつこく繰り返されかなりストレスがたまる、とほほ…。

虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿30 赤澤君と虫象君、ドチラがモテないでしょうか?
(秋田県・オパイダーマン)

編・なんだかんだで虫象、おセックスをしとりますからねぇ、ええ。詳しくは、4月24日発売の裏モノをお楽しみに。赤澤も期待して待っててください(笑)。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


※第29回へ続く

Top画面へ
フォトネット氏の『奴隷オンナは二度オレの手中に堕ちるか?』
★本日、携帯サイトの◆投稿広場エロ編◆にて特別連載がスタート★

 まずは下記の写真をご覧ください。
20070412photoph2.jpg

 高校卒業間もないという、この女性。元々はエロ写メ常連投稿者・フォトネット氏のセフレ、というよりも奴隷女でした。

 詳細は◆投稿広場エロ編◆で確認をお願いしますが、物語は、つい先日、フォトネット氏が街中で偶然彼女を見かけてしまったときから始まります。

「当時はできなかった3Pを今度こそしてやりたい!」

 果たして、この願望は叶うのか否か――。
 まったく先が読めない展開にて、話が途中でポシャッてしまう危険もありますが、御本人のファイトに期待マンマンでもあります。成功すれば、もちろん★おニューなエロ写メコレクション★がラインナップに加わります!

◆再会が成功するまで、過去のエロ写メと体験談を投稿広場に随時UPしてまいりますので、お楽しみに◆



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
美人局の恨み、晴らさずにいられようか。私はこうしてヤクザへの報復を果たしました/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、美人局でお送りします。

 主人公は、美人局でヤクザに大金を毟り取られた普通の会社員。復讐を誓った男は、いかにして暴力のプロに対してリベンジを果たすのか――。


裏モノNEWS特別連載
美人局の恨み、晴らさずにいられようか
私はこうしてヤクザへの報復を果たしました


森田守 30才 仮名

最終回 第1回はコチラから

もうそろそろ
手を引くべきか


 翌朝は5時に目が覚めた。城島と千里はあの後どうなったのか。気になって仕方ない。
 8時、朝食会場に城島が現れた。目をこすっているが、さほど変わった様子はない。

「おはようございます。昨晩はいかがでした?」

 下卑た笑いを浮かべ、遠まわしに探りをいれた。

「いや~、ほんまにエロい女やったわ。森田君も一緒に楽しんだらよかったのに、あはははは」

 何たること、聞けば若頭は、酒で前後不覚になった千里を外に連れ出し、駐車場の裏で強引にヤッた挙句、文句があるなら大阪の事務所まで来いと捨て台詞を吐いたという。私は、ただ顔を引きつらせながら笑うしかない。

 計画は見事に失敗した。が、一方でイヤガラセの効果は確実に出ていた。地元代理店の話では、年明け頃からハニーレディの客足が激減、在籍している女の子も次々と辞めているという。さぞ、三島の組内での立場も危うくなっているに違いない。

 しかし、ヤツのもう一つのシノギであるストリップ劇場は、そこそこ賑わっているらしい。温泉街にありがちなショボイ劇場ではなく、過激なSMショーを売りに観光客以外にも客を呼び、週末になると70名分の座席が埋まることも珍しくないという。
 どんな手を使ってもいい。そのストリップ劇場を潰すことはできないものか。

 警察へ密告するのも一つの手だ。が、あれだけ繁盛して、これまで警察が動いてないことから考えれば、三島が地元署に手を回しているのは間違いない。
 もうそろそろ手を引いた方が正解かもしれない。完全に溜飲が下がったワケではないが、これ以上動いて、本業に支障をきたすのも問題だ。

 くすぶった怒りを抱えたまま、仕事に没頭していたある日、親戚にとんでもない上客を紹介してもらった。警友会。警察OBで作った親睦団体で、今回は5名ばかりの有志旅行を世話してほしいという。

 絵はすぐに浮かんだ。彼らを××温泉のストリップ劇場に連れて行き、過激なSMやまな板ショーを見せたらどうだろう。
 大阪と石川では管轄は離れているが、警察は縦の関係が絶対と聞く。少なからず影響は出るのではなかろうか。

十三でもようせんわ。
たいがいにせえよ

 
 旅行当日。私は警友会一行を特別チャーターの豪華バスに乗せ、お寺、海岸、温泉にと案内した。
 彼らは終始ご機嫌だった。当然である。通常の半額近い料金で、豪華な食事まで用意させたのだ。行きの電車では終始無言だった元警部も、宴会では大ハシャギだ。

「みなさん、この後はいかがいたしましょうか。外にいいお店があるんですが」
「若いオナゴはおるんか」
「わかりました。大阪から奥さん、呼んできますわ」
「アカン、アカン、ガハハハ…」

 タクシーを呼び、ストリップ劇場に出向いたのが午後10時。断られるかと心配もあったが、酒の威力は強い。みな、すんなりと席に付いてくれた。客の入りは4割強といったところか。

 5人は最初、顔をニヤつかせながらステージを楽しんでいた。が、その中身が過激になっていくにつれ、次第に表情から笑みが消え、ついに『男と女のアナルバイブショー』で、元警部が苦々しく言い放った。

「十三(十三ミュージック。大阪の有名ストリップ)でも、ここまでようせんわ。たいがいにせえよ」

 場の雰囲気を察した私は、5人を外に連れ出し、口直しのスナックへと案内した。誰もストリップのことは一言も触れなかった。



 数ヵ月後、再び××温泉に出向いて腰を抜かした。ストリップ劇場が跡形もなく取り壊されていたのだ。

「あぁ、年末に手入れが入ったんですわ」

 サブ代理店の人間が、こともなげに言う。警友会から話が回った結果だろうか。それとも自滅か。いずれにせよ三島はこれで終わったに違いない。
 そして、私は翌春になって、偶然ヤツを目撃する。ヨレヨレのカステルバジャックを着て、場末のスナックで荒れ狂うように酒を飲む男。なぜか、足元には松葉杖が置かれていた。

「この先、どうなるか、わかっとぅか?」

 三島が脅したセリフを、そのとき私は心の中で静かにつぶやいた。


☆☆☆新刊のご案内☆☆☆
セロ前田知洋Dr.レオンなど有名マジシャンの手品を完全暴露の本が小社より発売されました。
20070326magic.jpg

『人気マジシャンのタネぜんぶバラします』(3月27日発売 定価880円)
純粋に手品のタネを知りたい方、ナンパに使ってやろうという野望派の方も、この一冊で学んじゃんってくださ~い。
下記の小社サイトにてご注文を承っております!
携帯の方→クリック
PCの方→クリック



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
第27回・名残雪
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070409wadaph1.jpg
山梨のホテルで勤務していたときの制服姿(写真上段)・こんな看板を持って歩いた時代もありました(写真下段)


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●2月10日
Oさんにビリヤードを教えてもらう。
20070409wadaph2.jpg

かつてプールバーに通い詰めていたらしくなかなかの腕前。徐々に今の仕事が楽しくなってきた矢先なだけにも明後日で退職してしまうことがもったいなく感じる。



●2月12日
OさんやMさんが「あと一週間くらいいればいいのに」と言ってくれ悩みだすものの、結局、事務所に制服やスタッフ証を返却し、今日で仕事を終える。

出発前に風呂で入念に体を洗い、たまった洗濯物をお片付け。明日には旅立つことになるかと思うと寂しくなる。



●2月13日
悩んだ挙句、なんとかお願いして18日まで働かせてもらうことに。
20070409wadaph3.jpg

今日出発するといっていただけに同僚につっこまれると、ちと恥ずかしい。


●2月18日
Oさんが出身地盛岡名物の『ジャジャ麺』を作ってくれた。
半年前に訪れた名店の味が思い出される。


虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿29 和田君、九州上陸はまだか? 名古屋で楽しんだみたいだけど、やっぱり夜は中州。一緒に騒ぎたいなぁ。今度は読者企画とかせんの?
(福岡県・長浜ラーメン)

編・TVで博多華丸・大吉が「九州の接待はすごい」と言ってました。どんな内容かすげー気になります。予定のメニューだけでも、ちょいと教えてくれませんか。えぇ、聞くだけですので。



裏モノ携帯サイトで公開中!!
秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。



※第28回へ続く

Top画面へ
美人局の恨み、晴らさずにいられようか。私はこうしてヤクザへの報復を果たしました/第4回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、美人局でお送りします。

 主人公は、美人局でヤクザに大金を毟り取られた普通の会社員。復讐を誓った男は、いかにして暴力のプロに対してリベンジを果たすのか――。


裏モノNEWS特別連載
美人局の恨み、晴らさずにいられようか
私はこうしてヤクザへの報復を果たしました


森田守 30才 仮名

第4回 第1回はコチラから

広域暴力団の
三次団体を温泉に


 狙いは決まった。報復は、三島が最も痛手を被るであろう、ヤツのシノギを潰すことだ。
 ××温泉には、ハニーレディ以外に2つのコンパニオン業者が存在している。いずれも在籍30人前後でサービス、料金ともに内容は横並びだ。
 が、ここ最近、その均衡が崩れ始めているらしい。ハニーレディの女が簡単に寝るという噂が広まり、人気が集中しているのだ。

 私はまず手始めに、全国の旅行代理店が利用する『アクセス』や『エーブル』といったネットワークにハニーレディの警戒情報を流した。業界内で非サービスリストと呼ばれるもので、掲載された店はNGの烙印を押される。効果は少なからず期待できるはずだ。

 が、まだまだ甘っちょろい。コンパニオン業者をヘコませるには、何と言っても『NOSHOW』、早い話がドタキャンだ。
 予約作業は通常、旅館や旅行代理店から行われる。その際、『レート(値段)』や『1・5(1時間半)』など、専門用語を駆使すれば、相手は何の疑いもなく偽予約を受け付けるはず。1日10名の予約をキャンセルするだけで7~8万の損害はカタイ。狭い温泉街だから、信用もガタ落ちだ。こうした地味なイヤガラセを企てる一方で、私は一つの計画を推し進めていた。

 私のお得意さんに、大阪で一家を構える小湊組(仮名)なるヤクザがいる。これまで何度か温泉旅行を世話し、そのたびに緊張を強いられていたのだが、彼らを××温泉に連れていき一騒動起こさせるのだ。
 若頭・城島(仮名)は大の女好きである。耳元で「すぐにヤレますよ」と千里の噂を吹き込めば、その気になるに違いない。そして、そこに三島らが乗り込んできたら…。

 我ながら大胆な計画とは思ったが、田舎ヤクザの三島が、某広域組織三次団体の若頭を前に平身低頭している姿を想像するだけで笑いが止まらない。実行あるのみだ。

 02年3月、私は10名の小港組員を引き連れ、××温泉のあるZ駅に降り立った。
 薄紅色の送迎バスに全員を乗せ、ホテルにチェックイン。全員にルームキーを手渡した後、ハニーレディに予約確認の電話を入れる。

「もしもし、○▼ツーリスト梅田支店の森田です。宴会のコンファームお願いします」
「リスト出しますのでお待ち下さい。…え~っと、8名スーツで、2名バニーガールでよろしいですね」
 電話の相手は千里だった。少し声がヤツれているが間違いない。

 午後6時、楓の間で宴会が始まった。今回私は、城島に一声かけ、酒の席から外してもらっている。チーママを狙えと伝え、あとは運を天に任せるだけだ。

 が、こういうときに限って、うまく事が運ばない。若頭が突然私を宴席に呼び出し、カラオケの進行役をやるよう命じたのだ。
 恐る恐る舞台の上に立つと、会場からヒューヒュー声が飛んできた。みな、相当、酔っ払っているようだ。肝心の千里は…、しっかり若頭がキープしている。

「え~、それでは進行役を務めさせてもらいます森田と…」

 正直、生きた心地がしない。千里に気付かれたら一巻の終わりだ。


最終回へ続く(4月11日公開予定)


☆☆☆新刊のご案内☆☆☆
セロ前田知洋Dr.レオンなど有名マジシャンの手品を完全暴露の本が小社より発売されました。
20070326magic.jpg

『人気マジシャンのタネぜんぶバラします』(3月27日発売 定価880円)
純粋に手品のタネを知りたい方、ナンパに使ってやろうという野望派の方も、この一冊で学んじゃんってくださ~い。
下記の小社サイトにてご注文を承っております!
携帯の方→クリック
PCの方→クリック



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
エロ写メ倉庫『お嬢さん、おじゃマンしま~す』更新しました!
20070409ph19.jpg


ひとみ 21才(後編) ゲットポイント立川
セックス大好き顔をしていた女子を捕捉。おじゃマン、スターツ!(2006年8月号掲載)



お嬢さん、おじゃマンしま~す画像を見るには→今すぐ裏モノ携帯サイト・『エロ写メ倉庫』へGO!
※エロ写メの閲覧にはパスワードが必要になります。コチラa@urajp.jpへいったん空メールを送ってメルマガに登録、最初のパスワード配信が届くのをお待ちください。
ただし、最初のパスワードが届くまでは、若干のタイムラグをいただいております。その前に「ぜひ見たい!」という方は、メルマガ登録後、件名に『パスワード希望』と記し、コチラinfo@urajp.jpまでご一報ください。

皆様の登録、お待ちしております(無料ですのでご安心を)!

ヤリたい時だけ直メ
本気で逢えるぞ!!

美人局の恨み、晴らさずにいられようか。私はこうしてヤクザへの報復を果たしました/第3回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、美人局でお送りします。

 主人公は、美人局でヤクザに大金を毟り取られた普通の会社員。復讐を誓った男は、いかにして暴力のプロに対してリベンジを果たすのか――。


裏モノNEWS特別連載
美人局の恨み、晴らさずにいられようか
私はこうしてヤクザへの報復を果たしました


森田守 30才 仮名

第3回 第1回はコチラから

どうにも怒りが
抑えられない


 翌日、帰阪すると同時に金策に走った。身元はぜんぶ押さえられている。逃げようがない。
 警察に連絡する気はなかった。ハメられたとはいえ、女を抱いたのは確か。事が明るみになれば、会社にいられなくなるのはもちろん、次の職場も見つからないだろう。

 とにかく、ここは金を工面するしかない。でも、80万なんて大金をどうやって? 悩んだ挙げ句、私は、あろうことか自社の倉庫から、AD(代理店割引券)とSF(株主優待券)を盗み出し、金券ショップに横流ししてしまう。管理の甘い我が社のこと、発覚する恐れはないと踏んだ。

 5日後、指定の口座に金を振り込む。再度、脅されたら、覚悟を決めて警察に書き込むつもりだったが、1カ月が過ぎてもその気配はない。
 これでよかったのだ。このまま何事もなかったように暮らしていけばいいのだ――。

 私はムリヤリ自分を納得させようと努力した。が、できなかった。布団に入るたびパンチ頭の顔が頭に浮かび、腸が煮えくり返って仕方がないのだ。
 怒りは日を追うごとに増幅していった。許せない。絶対に許せない。すでに、心の中には復讐の2文字がしっかり浮かび上がっている。
 だが、相手はヤクザ。マトモに喧嘩しても勝ち目はない。何かいい手段はないか。

 幸か不幸か、私は、月に一度は仕事で××温泉に足を運ぶ。まずは、地元のサブ代理店(子会社みたいなもの)にコンパニオン業者の裏を探らせてみたらどうだろう。

 1週間後、再び××に出向いた私は、ツアーの空き時間を利用して代理店を訪れた。
 10畳ほどの狭い店内には、人のよさそうなオヤジが座っている。

「あのな、今日は、ちと調査に来てんねんけど」
「えぇ、なんのです?」
「本社に、客から苦情が出ててな。ハニーレディー(仮名)ってコンパニオン業者知っとるやろ。あの後ろってドコなん?」
「たぶん吉岡組(仮名)やと思いますけど…」
「責任者ってわかる?」
「さぁ、そこまでは…」

 美人局の被害者がいれば、何らかの情報が出回っていると思ったが、とりあえずその様子はなさそうだ。

「タクシーの運ちゃんか旅館の番頭さんにそれとなく聞いといてくれへんかな? 資料、作らなあかんねん」
「わかりました」

 地方と都市部の代理店は互いの営業のため、情報交換を盛んに行っている。特定の業者を調べたところで、不審がられる怖れはない。

 1ヵ月後、再び温泉街の代理店を訪ねると、予想以上の成果が上がっていた。責任者の名は三島研司(仮名・35才)。地元吉岡組の幹部で、組からコンパニオンとストリップ劇場を任されているという。千里は三島の情婦らしい。


第4回へ続く(4月10日公開予定)


☆☆☆新刊のご案内☆☆☆
セロ前田知洋Dr.レオンなど有名マジシャンの手品を完全暴露の本が小社より発売されました。
20070326magic.jpg

『人気マジシャンのタネぜんぶバラします』(3月27日発売 定価880円)
純粋に手品のタネを知りたい方、ナンパに使ってやろうという野望派の方も、この一冊で学んじゃんってくださ~い。
下記の小社サイトにてご注文を承っております!
携帯の方→クリック
PCの方→クリック



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
美人局の恨み、晴らさずにいられようか。私はこうしてヤクザへの報復を果たしました/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、美人局でお送りします。

 主人公は、美人局でヤクザに大金を毟り取られた普通の会社員。復讐を誓った男は、いかにして暴力のプロに対してリベンジを果たすのか――。


裏モノNEWS特別連載
美人局の恨み、晴らさずにいられようか
私はこうしてヤクザへの報復を果たしました


森田守 30才 仮名

第2回 第1回はコチラから

アチコチで豆さんを
好き勝手にしとるんか!


 川岸の石垣伝いに小走りで10分。濃紺の古びた暖簾をくぐると、カウンターの奥にラフな私服姿の彼女がいた。名は千里(仮名)というらしい。地元出身の27才で、短大時代は私の実家がある金沢で過ごしていたらしい。
 お酌を交わしつつ目の前の美人の話に耳を傾ける。長い添乗員生活でもなかなか巡り会えない幸運。何としてもモノにしてやる。

 果たして、願いは叶った。1時間半ほど冷酒を飲み交わし、すっかり打ち解けたところで、私と女は店を出てホテルに足を向ける。ごくごく自然な流れだった。

 事態が一変したのは、彼女の肉体を味わい、満足気にビールを飲んでいたときだった。

ドンドン

 突然、入口のドアが鳴った。誰だ?
「すんません。大和屋ですが」
 大和屋? なぜ旅館の人間が私の居場所を知っている。もしかして、客にトラブルでもあったか。

 慌ててトビラを開けると、見知らぬパンチ頭が立っていた。下はジャージ、上はカステルジバジャックのセーター。見るからに、その筋の男だ。

「こら、自分が何しでかしたかわかっとんのやろ」
「は?」
「人の商売道具に手ぇ出しくさって、トボけんのか、のぉ?」

 美人局だ…。一気に体から血の気が失せていく。振り返り女を見たが、布団を被って動こうともしない。そのとき、
「アイダダダダ…」
 脇にいた2人の子分格が、私の右腕を背中の方に絞り上げた。

「な、なにすんですか」
「こいや~!」

 口にさるぐつわをハメられ、問答無用で黒塗りの中古ベンツに乗せられた。

「事務所で話すよって」
「……」
「別に殺さへんし、そうこわがるな。兄さん、いくつでんねん?30ぐらいか?」
「うぐっ」
「ほぉ。ワシとそげーかわらんのぉ。で、あれか。添乗員さんは、アチコチで豆さんを好き勝手しとるんか。おっ!」

 パンチの堅い拳が下腹部に飛ぶ。強烈な痛み、そして恐怖が体を支配する。

 10分後、車が朽ちた雑居ビルの前で停車すると、男たちは私をガムテープで後ろ手に縛り、2階の一室に放り込んだ。もはや動く気力もない。口の中に、泡みたいな唾が大量に溢れ出ている。

 それから、どれだけ時間が過ぎたかわからない。突然、扉が開き、パンチ頭がさるぐつわをほどいた。
「この先、どうなるか、わかっとぅか?」

 ドスの利いた声でヤツは言う。選択肢は2つ。80万払って無事大阪に帰るか、人生を棒に振るか。そ、そんなもの答えは一つしかない。

「か、必ず払いますから1週間待ってください。親に借りてでも、絶対にお支払いしますから勘弁してください」

 地面に額をこすりつけ、私は懇願した。

「そうか。話、わかってくれたか。ならええんや」

 ようやくガムテープから解放されたが、足がすくんで立ち上がれない。身体も震えたままだ。
 それでも、どうにか事務所を這い出た私に、背後からパンチが下品に笑った。

「おのれのチンチン、小さかったってなぁ。ハハハ」

 屈辱で、思わず涙がこぼれ出た。

第3回へ続く(4月9日公開予定)


☆☆☆新刊のご案内☆☆☆
セロ前田知洋Dr.レオンなど有名マジシャンの手品を完全暴露の本が小社より発売されました。
20070326magic.jpg

『人気マジシャンのタネぜんぶバラします』(3月27日発売 定価880円)
純粋に手品のタネを知りたい方、ナンパに使ってやろうという野望派の方も、この一冊で学んじゃんってくださ~い。
下記の小社サイトにてご注文を承っております!
携帯の方→クリック
PCの方→クリック



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
美人局の恨み、晴らさずにいられようか。私はこうしてヤクザへの報復を果たしました/第1回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、美人局でお送りします。

 女絡みのトラブルは、世の男にとっていつでも悩みの種。手を出した相手にタチの悪い取り巻きが付いていようものなら、大金をむしられることも珍しくありません。今回の主人公は、最も悲惨なケース。ヤクザの情婦に手を出したことから、地獄を味わされたのですが、なんとその主人公、タダでは転んで起きず、復讐を誓うのです。
 暴力のプロに対し、いかにしてリベンジを果たすのか――。本日より数回にわたりお楽しみください。


裏モノNEWS特別連載
美人局の恨み、晴らさずにいられようか
私はこうしてヤクザへの報復を果たしました


森田守 30才 仮名

第1回

 もしヤクザに弱みを握られ、大金を脅し取られたら、皆さんはどうするだろう。

 泣き寝入りするか、警察に訴えるか。いずれにせよ、個人的な仕返しを考える人など皆無に近いだろう。一般人がプロに刃向かっても、逆に大きな傷を負うのがオチ。それが常識というものだ。

 しかし、私はどうしても許せなかった。温泉街で美人局にハメられ、大金を脅し取られた屈辱。私を騙したヤクザに報復を果たさずにはいられなかった。

美人のチーママを
飲みに誘い


 旅行代理店に勤務する私が、某製薬会社の社員12名を引率、石川県××温泉の旅館大和屋(仮名)に出かけたのは今から5年前、02年10月のことだ。
 みな研究員とあってか、物静かな人が多い。コンパニオンを配した宴会も盛り上がりにはほど遠い状況だった。

 添乗員の私は笑顔でお酌に周り、自ら歌を唄った。少しでも場を明るくするためだが、コンパニオンのチーママが高橋ひとみ似の美人とあって、いささかハシャいでいたのも事実だ。

「さっきはありがとう」
 宴会が終わり、ロビーで一息ついてたところで声をかけられた。チーママだった。

「今日のお客さん、おとなしかったので助かりました」
「ええんです。仕事やし」
「今後も贔屓にしてください。ここは都会のお客さんがおらんと何もできないですから」

 歳は27、28か。身長160前後の細身で、スーツの下からフェロモンがムンムン漂ってくる。にしても、ええ女やなぁ。
 下心があったのは否定しない。だから軽く口が開いた。

「あの、ドコかいい飲み屋さん、案内してくれません?次のお客さんにも紹介したいし」
「えー、今日のお客さん放っておいてもいいの?」
「あはは。みんなカラオケ行く言うてたし」
「…そしたら後で電話しますので、携帯教えてもらえます?」
「え?」

 正直、驚いた。添乗員と懇意にしておくのは、彼女にとってもメリットは少なくない。が、まさか個人的ともいえる誘いに乗ってくるとは。私は俄然、浮き足立った。

 部屋で旅館差し入れのオニギリを食し、支店への報告書を書き上げること1時間。ブルルルルルと携帯のバイブが鳴った。チーママからだった。すでに小料理屋で待っているらしい。
 慌てて浴衣を剥ぎ取り、ジーンズに着替えて旅館を飛び出した。それがよもや不幸の始まりだったとは、気づくはずもない。


第2回へ続く(4月8日公開)


☆☆☆新刊のご案内☆☆☆
セロ前田知洋Dr.レオンなど有名マジシャンの手品を完全暴露の本が小社より発売されました。
20070326magic.jpg

『人気マジシャンのタネぜんぶバラします』(3月27日発売 定価880円)
純粋に手品のタネを知りたい方、ナンパに使ってやろうという野望派の方も、この一冊で学んじゃんってくださ~い。
下記の小社サイトにてご注文を承っております!
携帯の方→クリック
PCの方→クリック



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
エロ写メ倉庫『お嬢さん、おじゃマンしま~す』更新しました!
裏モノJAPAN、お嬢さん、おじゃマンしま~す



ひとみ 21才 ゲットポイント立川

セックス大好き顔をしていた女子を捕捉。おじゃマン、スターツ!(2006年8月号掲載)



お嬢さん、おじゃマンしま~す画像を見るには→今すぐ裏モノ携帯サイト・『エロ写メ倉庫』へGO!
※エロ写メの閲覧にはパスワードが必要になります。コチラa@urajp.jpへいったん空メールを送ってメルマガに登録、最初のパスワード配信が届くのをお待ちください。
ただし、最初のパスワードが届くまでは、若干のタイムラグをいただいております。その前に「ぜひ見たい!」という方は、メルマガ登録後、件名に『パスワード希望』と記し、コチラinfo@urajp.jpまでご一報ください。

皆様の登録、お待ちしております(無料ですのでご安心を)!

ヤリたい時だけ直メ
本気で逢えるぞ!!
第26回・スキーバイトに馴染んできた
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070406wadaph1.jpg
男は黙って風林火山★和田虫象


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●2月2日
スキー場バイト始めてから初めての休み。
寮にいても暇なのでショートスキーとやらをやってみた。

一番なだらかな斜面でも、怖いし疲れて、1時間足らずで早くも飽きてくる。

いったん食堂で飯を食らい、再度チャレンジ。
なんとか滑れるようになってくると、思ったより楽しくなってきた。ハタから見れば、ボーゲンのみでショボイんだろうが…。
20070406wadaph2.jpg


●2月5日
同部屋にスノーボード暦20年以上のOさん(44才)がやってきた。

妻帯者であり、奥さんも同行。俺の旅話に興味をもってくれたので、これまでのいきさつを話す。

彼もスキー場の他に工事現場作業で住み込みをしていた経験もあり、やけに気が合う。


●2月8日
リフト係のコンビを組むMさんが、昼に牛肉の煮込みを差し入れしてくれた。
食いきれないほどの量だが、なかなかうまい。

Mさんの下ネタやアホな替え歌、オヤジギャグも楽しめるようになってきた。彼が休みの日は寂しいぐらいである。


気がつけば俺も、寮で思わず替え歌を口ずさむようになっていた。



虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿28 スキー場ならナンパし放題かと思ったら、そうでもないんですね(笑)。途中で彼女とかできたら楽しいんだろうけどなぁ。
(東京都・匿名)

編・ヤリまくりリポートなんて送られてきたら、破門にするところでしたが、やはり心配は杞憂でした。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。



※第27回へ続く

Top画面へ


捜査協力の見返りに、大麻取締りの情報を!情報屋『S』/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、別冊『平成の裏仕事師列伝'05』より警察の情報屋『S』をお送りします。


裏モノNEWS特別連載
捜査協力の見返りに、大麻取締りの情報を!
情報屋『S』


青木大吾 32才 仮名

第5回 第1回はコチラから

 選挙直前の某日午後5時。決起集会に参加したのは、暴力団、土建屋関係者だけで約100名に達した。テーブルの上には、高価な酒に特上寿司。数名の刑事がレストランの一画にフリーの客として紛れ込み、外ではさらに数十名の警官が張っていた。

 むろん、そこに青木の姿はない。暴力団関係者には、クスリの取引と称して他県のホテルに息を潜め、ひたすら刑事の連絡を待っていたのだ。

 そして午後7時。捜査も佳境を迎える段階で、事態は思わぬ方向へ傾いていく。


○→青木 ●→取材者
○外で待機していた刑事が、ヤクザにボコボコにされたんだ。
●どういうことですか?
○同じ場所で2時間も停まってんだもん。見張りの下っ端だって気が付くでしょ。しかも、中にいかついオッサンが3人も乗ってんだから、なんだコイツらってことになるわな。
●でも、刑事ですよね。ボコボコに殴られるのがよくわからない。
○公の捜査じゃないから身分を明かせなかったんじゃないか。とにかくずっと殴られ続けたらしいわ。もっとも、ヤクザ連中は次の日に傷害で逮捕されたけどな。
●ちなみに、その元ヤクザの候補者って、当選しました?
○したねぇ。今、公共工事で好き放題やってるよ。



 付かず離れず上手に利用すれば、警察ほど心強い味方はいない。今後も関係を続けていくのか。最後に質問を投げかけたところ、意外な答えが返ってきた。

○今、マジで東京に出ようかと思ってんだ。いい加減、刑事と付き合うの疲れたから。
●要領良く対応しているように見えますけど。
○そんな単純じゃないよ。これは大きな声じゃ言えないんだけど、隣町の署の連中がキナ臭くてさ。あいつら、シャブの匂いがすんだよね。
●シャブ? 警察がですか?
○この前、1人パクられて大騒ぎになったんだけど、実際は数名で押収品を回してたんだよ。
●そんな簡単に盗めるもんなんですか。ブツは倉庫に厳重管理されると聞きましたが。
○検挙したときにポケットに入れれば、まずバレないよ。逮捕された連中もシャブの量が少ない方が罪が軽いんだから、絶対に文句は言わない。もちろん、例外中の例外だろうけど、オレの立場だと、いつ裏切られるかわからないべ。
●確かに、諸刃の剣という気はしますね。
○刑事にね、しょっちゅう同じコトを聞かれるんだ。シャブってどう気持ちイイんだ?大麻とどう違うんだ?って。完全にジャンキー予備軍なんだよ。

終了
最初から読みたい方はコチラから

☆☆☆新刊のご案内☆☆☆
セロ前田知洋Dr.レオンなど有名マジシャンの手品を完全暴露の本が小社より発売されました。
20070326magic.jpg

『人気マジシャンのタネぜんぶバラします』(3月27日発売 定価880円)
純粋に手品のタネを知りたい方、ナンパに使ってやろうという野望派の方も、この一冊で学んじゃんってくださ~い。
下記の小社サイトにてご注文を承っております!
携帯の方→クリック
PCの方→クリック



また、情報屋『S』の記事が掲載されている別冊『平成の裏仕事師列伝05'』をご覧になりたい方は、下記よりご注文お願いします。
携帯の方→クリック
PCの方→クリック


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。