FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
第41回・女心はよくわからん
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070630wadaph1.jpg
秀吉さん、俺の雄姿を見てくれ!(Mushizo in Osaka castle)


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●3月29日
気が付けば金もあまり余裕がなくなっている。

ぐうたらした毎日が続いていたので少し働く決意を固める。

が、西成の現場作業はどうにも気がすすまない今日この頃なので、日雇い派遣バイトに登録しにいく。


●3月31日
日雇い派遣バイト初日・電子機械工場で箱詰め作業を一日中続けた。

気が重い。そして、切ない。
千賀子からメールの返信がこないのだ。

私のセックスがいまひとつだったのかなんなのか原因はよくわからんが、嫌われたのかもしれない。

女心はよくわからん。
20070630wadaph2.jpg




虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿41 虫象さん、いつも拝見してます。コチラは単行本になったりしませんか? 発売されたら絶対に買います!
(香川県・うど~ん)

編・予定は未定ですが、当然、そういう話もチラホラ。発売されたらサイン会でも開きましょうか。参加料は1,000円ぐらいで…。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


※第42回へ続く(近日公開予定)

Top画面へ
エロ写メ倉庫に緊縛ハメ撮り師・フォトネット氏より『マックコスプレ3P画像』をお送りします♪
いつも驚きのエロ写真で股間を熱くさせてくれるフォトネット氏より、魅惑のコスプレプレイを。

20070629photoph2.jpg


被写体は、くねくねボディのドスケベR子ちゃん。倉庫では、願射(写)メもご用意しております♪


※エロ写メの閲覧にはパスワードが必要になります。コチラa@urajp.jpへいったん空メールを送ってメルマガに登録、最初のパスワード配信が届くのをお待ちください。
ただし、最初のパスワードが届くまでは、若干のタイムラグをいただいております。その前に「ぜひ見たい!」という方は、メルマガ登録後、件名に『パスワード希望』と記し、コチラinfo@urajp.jpまでご一報ください。

皆様の登録、お待ちしております(無料ですのでご安心を)!
『空中ブランコでTバック丸出し美人歌手』今度は『ライブでオッパイぽろり』/2007年YouTubeの旅 vol.1
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


アホ動画やビックリ映像を巡礼する『2007年YouTubeの旅』、本日いきなりスタートいたしました。


一発目は、すでに去年末のニュースで今さら感ありありですが、『空中ブランコショーの最中にズボンが脱げ、Tバックが丸見えになった』中国の美形歌手をご覧いただきましょう。


20070628yumikoph1.jpg
ユミコ・チェン(Yumiko Cheng)
 ご覧の通り、主人公はかなりの美貌シンガーで、つい半年前にセクシーなTバックを披露してくれたかと思ったら、今度はカナダのライブで『オッパイぽろり』を演じてくれたそうです。

 残念ながら、そのときの乳首映像は未入手ですが、とりあえず『空中ブランコでTバック』は、依然としてYouTubeで人気を博しており、脱力感満点の映像はネタかと思うほどです。


 では、早速、動画をどうぞ☆携帯の方は、コチラから画像でご確認ください


↓『Tバック空中ブランコ』

※生放送だったため、突然の出来事に出演者一堂は狼狽しまくり。ちなみに司会者は、日本で言えば、鶴瓶、たかじん、上沼恵美子みたいな3人でしたが、さすがに唖然としておりました(笑)。


↓『カナダのライブ』

※それらしい1シーンがあるだけで、とても乳首は見えません。残念!
第40回・湾岸ドライブのご褒美は久々のセックスでした
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。


20070627wadaph1.jpg

京都の下宿先リビングでチャを一杯


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●3月25日
前日に知り合った千賀子と大阪湾岸エリアへとドライブに出かける。
20070627wadaph2.jpg




海遊館近くで食事をしてから、大阪ドーム界隈のラブホへ。DVDを一緒に観た後、セックスに至る。


最高に気持ちいい。

●3月26日
日がな一日寝て過ごす。

夕方から千賀子に薦められていた天王寺界隈のたこ焼き屋「やまちゃん」へ行ってみる。


20070627wadaph3.jpg


なかなかうまい。


虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿40 今度は世界版『俺の旅』をお願いします! 絶対にエキサイティングだと思う!
(宮城県・キッコーマン子)

編・沢木耕太郎みたいにインドのカルカッタでハマり、虫象の場合は一生そこから出られなさそうなので、止めておきましょう。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


※第41回へ続く(近日公開予定)


Top画面へ
今月号のフロクブログに『おじゃマン・みすずちゃん』のエロカワ写真をUPしました
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


毎月、本誌では掲載しきれない、お宝写真や情報をお送りする『今月号のフロクブログ』に、『お嬢さん、おじゃマンしま~す』より、元SM女王様みすずちゃんの画像をUPしました♪


20070627furokuph6.jpg

こ、こんな普通っぽい娘が!?


もっと見たい方は→PC 携帯


※ただいま、オナホールプレゼントの応募受付中です
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ 平成の裏仕事師『インスタント僧侶』/最終回
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師よりインスタント僧侶のお話です。

 転職が盛んなご時世。ちょっとした金さえ積めば、坊主にもなれるって寸法で、主人公も50万で買った正式な僧侶の資格を使い、世にも奇妙な僧侶派遣業なる仕事を開業、荒稼ぎしております。アイデア一つで金は稼げるもの。社会勉強にお一つご覧ください――。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ
平成の裏仕事師『インスタント僧侶』


松川惟一 仮名 42才

最終回

坊主に布施を払うなら
生きてるうちに使え


 修行をした僧侶と、裏ルートで度蝶を得た松川氏が葬儀で読むお経は、一字一句同じである。ただ、違うのは、その後に支払われるお布施の額だけだ。

 ホント、この仕事を始めてわかったことは、仏教ビジネスのえげつなさです。私は世間の人に声を大にして言いたいですね。「まだ、あんたらわからないのか」って。

 死んで極楽浄土にいくなんて、宗教家が作り上げた幻想。私も昔は神や仏を信じてましたが、いまはウソだと断言できる。神様がいるなら、真っ先にナマクラ住職たちにバチが当たってるはずですから。

 葬式で何十万も坊主に払っちゃダメですよ。どうせ金を使うなら、生きてるうちに贅沢させてやらないと。なんせ、坊主なんて誰でもなれる、有難くもなんともない商売ですからね。

 私は修行していないことで客を騙してるとは思いませんよ。やってることは他の僧侶と一緒。ヘタすりゃ、私の方が知識あったりしますからね。

 いまはまだ具体的な将来設計はできてませんが、依頼がある限り、このまま坊さんを続けていきますよ。葬式に意味がないとしても、この風習がなくなることはないでしょうから。

 本当は、コンピュータを導入して、営業マンを使って仕事を取れば、もっと稼げると思うんですが、バリバリ働くってのもねぇ。お金も、これ以上あっても使い道に困りますし。



 たぶん、この記事を読んだらマネしたいって人が出てくると思うんですよ。でも、それはムリでしょうね。伝統宗派は戒律が厳しいので、私たち以外に度蝶を出すなんて考えられない。ま、これも坊さんの言うところの仏縁ってやつじゃないですか。



終了


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
エロ写メ倉庫に北のハメキング大王氏からいただいた淫乱エロ娘たち
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


エロ写メ倉庫に北のハメキング・大王さんより、エロ娘コレクションを数点いただきました。


20070625daiouph1.jpg

やっぱりソソる、お嬢ファッションのバーバリーが大開脚って、たまりませんなぁ。


※エロ写メの閲覧にはパスワードが必要になります。コチラa@urajp.jpへいったん空メールを送ってメルマガに登録、最初のパスワード配信が届くのをお待ちください。
ただし、最初のパスワードが届くまでは、若干のタイムラグをいただいております。その前に「ぜひ見たい!」という方は、メルマガ登録後、件名に『パスワード希望』と記し、コチラinfo@urajp.jpまでご一報ください。

皆様の登録、お待ちしております(無料ですのでご安心を)!
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ 平成の裏仕事師『インスタント僧侶』/第5回
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師よりインスタント僧侶のお話です。

 転職が盛んなご時世。ちょっとした金さえ積めば、坊主にもなれるって寸法で、主人公も50万で買った正式な僧侶の資格を使い、世にも奇妙な僧侶派遣業なる仕事を開業、荒稼ぎしております。アイデア一つで金は稼げるもの。社会勉強にお一つご覧ください――。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ
平成の裏仕事師『インスタント僧侶』


松川惟一 仮名 42才

第5回

去年の3月だけで
サラリーマンの年収2年分


 自分たちが法要に出かけ、登録の坊さんたちを派遣するだけでなく、実は『僧侶連合』では度蝶を得たい人たちの手助けも行っている。と、言えば聞こえはいいが、要はコネクションを使った裏口取得の斡旋だ。

「こんな時代でしょ。毎日、ホームページを見た人から、お坊さんになるにはどうしたらいいでしょうって、問合せがあるんですよ」

 見込みがありそうなら松川氏が面接し、人柄を判断した上で推薦状を出す。

「ヘタに信心深い人や、宗教はこうあるべきだなんて理屈っぽい方はお断りしてます。僧侶をビジネスと割り切って考えられる人じゃないと続かないですからね」

 度蝶を取得した後の稼ぎは本人しだい。人手がないときは頼むこともあるが、生活の面倒を見るわけじゃないと念を押した上で山奥の寺に行かせる。費用はしめて50~60万だ。


 僧侶になった感想は、こんなラクにこんなに儲かるのかってのが正直なとこです。しかも週休3日、いや4日ってこともある。

 おまけに今年の冬は寒暖が激しかったじゃないですか。大繁盛なもんですよ。明日は法事、あさっても朝は天台、夜は日蓮と2件も入ってます。今月の収入はウン百万いくんじゃないですか。

 1年を通して言えば、いちばん稼げるのは3月です。季節の変わり目のせいか、よく死ぬんですよ。私と柳沢だけじゃとてもさばききれなくて、この時期は登録坊主も総動員ですよ。去年は3月だけで同年代のサラリーマンの年収2年分は稼いだんじゃないかな。

 やっぱり、狙いがよかったんじゃないですかね。事務所で依頼を受けてから坊さんを派遣するっていうのは、ありそうでなかったですから。
 ま、事務所って言っても、自宅の電話回線一本なんですけどね。外出中は携帯に転送されるので、時間と宗派、場所を聞いて柳沢とスケジュール調整するだけ。これで30分20万ですもん。

 私、この3年、電車に乗ったことないんです。移動は全部タクシーで、仕事のない日は競艇に競輪。首都圏はもちろん、浜名湖まで行っちゃいますから。もっとも、勝っても負けても、昔ほど熱くはなれませんけど。

 相棒はソープが趣味で、仕事終わりにどっかの便所で着替えて吉原行ってます。「塩まより、吉原行った方がお清めになる」なんて。とんでもないでしょう(笑)。

 家族? 女房は喜んでますよ。家庭教師より僧侶の方が断然、収入はいいし、なんせ周囲の見る目が違う。女房も鼻が高いんじゃないですか。
 けど、困るのはたまに近所の人から、なんで修行もせずに坊主になれたのかって聞かれること(笑)。さすがに買ったとは言えず、成績がよかったなんてごまかしてますけどね。

 トータルとしては、どうでしょうね。確かに好きに遊べるほど金が欲しいって坊主になり、望みが叶ったわけですが、人間、金があってヒマだといけませんね。どんどん怠け者になりますよ。

 やっぱり月に60、70万稼いで、週に1回休むぐらいが理想じゃないですか。遊んでて金が入ると、ダメになっちゃう。
 以前、新聞で読んだんですが、人間にとってちょうどいい金銭感覚は、焼肉屋に行ったときに、「もったいないと思わない」ぐらいだそうですよ。
 そこいくと私なんか、何食べても値段なんか気にしませんし、通風で焼肉も食べられない。贅沢をつくして、いまは納豆とか質素なものがウマく思えますよ。


最終回へ続く(6月26日公開)


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ 平成の裏仕事師『インスタント僧侶』/第4回
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師よりインスタント僧侶のお話です。

 転職が盛んなご時世。ちょっとした金さえ積めば、坊主にもなれるって寸法で、主人公も50万で買った正式な僧侶の資格を使い、世にも奇妙な僧侶派遣業なる仕事を開業、荒稼ぎしております。アイデア一つで金は稼げるもの。社会勉強にお一つご覧ください――。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ
平成の裏仕事師『インスタント僧侶』


松川惟一 仮名 42才

第4回

仕事を求める
全国の僧侶を登録


 松川氏が始めた『僧侶連合』は、ギョーカイにちょっとした反響を巻き起こした。広告を見た祭儀場や葬儀屋から依頼電話はもとより、それ以上に本物の僧侶たちから問合せが殺到したのである。

「どういうシステムですか」
「葬式を斡旋してもらえるんでしょうか」

 寺があっても、檀家が減り、メシが食えない僧侶は思いのほか大勢いたのだ。
 そこで松川氏は家庭教師派遣の経験を活かし、登録システムを始める。自分たちが出向けないときは登録した坊さんたちを派遣し、仕事の依頼をもれなくカバーしようと考えたのだ。


 登録したいって希望者には、まず履歴書を送ってもらうんですが、ほとんどちゃんと修行した本当の坊さんなんですよ。次男や三男だと、長男が住職を継いじゃってるから旨味が少ないんじゃないですか。

 あとは、修行中の小坊主とかもいますね。度蝶をもらうにはまだまだ修行しなくちゃなんないんだけど、なまじ住職の生活を見てるから「自分も稼ぎたい」って思うんでしょ。

 応募してきた人はとりあえず面接して、人がよさそうだったら登録します。坊主としての器量なんて私にはわからないから、ポイントは誠実そうかどうかだけ。いま現在、50人ぐらいが登録してますかね。

 仕事を優先的に回すのは、真宗のお坊さんだね。っていうのも、真宗のお経ってかなり難しくて、慣れないと大変なんですよ。だから真宗の仕事が入ると、すぐに登録坊主に回しちゃいます。

 その代わりと言っちゃなんですが、私は法事につきものの法話が大得意でしてね。

「仏教用語に“ドウジ”と“タイジ”という言葉があります。一つの事象に対し、否定的に見るか、それを受け入れて対応するかで人間の心は大きく変わるのです。親が死ぬかもしれないという状況になれば、子供としては当然、助かってほしいという気持ちになります。そのとき、頑張れと励ますのが“タイジ”で、ここまでよく頑張ったというのが……」


 法話を始めると不思議なことに、いままでただのグウタラ中年にしか思えなかった松川氏の姿が一変した。ピンと伸びた背筋、真剣な眼差し。どこか僧侶としての風格さえ漂う。

「これ、私の十八番です。もう何回やりましたっけ。前列に座った親族の半分は涙ぐみますよ。本番じゃ、もっと感情込めますからね」

 松川氏はソファに深々と座り直すと、ガハハと笑い飛ばした。

シビレそうになったら
早めに切り上げる


 お経や作法はなんとでもなります。そんなことより、坊主にとっていちばん大事なのは正座なんです。いくらナマクラでも、修行した坊さんたちは2時間でも3時間でも正座できますが、私たちはそうもいかない。せいぜい30、40分が限界でしょうか。

 けど、坊主が足をシビレて棺桶に倒れこんだら、シャレにならんでしょ。そこで最初は“しびれても立てる”なんてアイデアグッズを使ってたんですが、これが役立たずでね。正座だけは“行”だと実感しましたよ。

 徐々に背筋をのばして親指にグッと力を入れたり、前傾姿勢を取ればシビレないとか、コツはだんだんわかってきました。でも、未だに正座は苦手です。できればイスがいい(笑)。

 ですから、葬式の依頼が来たときは、どこでやるのかが一番気になります。祭儀場ならほとんどイス席だからラッキー。個人宅なら、わー耐えられるかなー。途中で倒れたらどうしようって、マジで心配になりますもん。

 いや、聞いた話によれば実際、祭壇に頭から突っ込んでケガした坊主がいるんですよ。まったく、ドリフのコントじゃないんだから勘弁してほしいですよね。きっと、忙しさにかまけてロクに修行もしてない半人前を送り込んだんじゃないですか。

 私はそんなのゴメンですから、ヤバイと思ったら強引に切り上げちゃう。その辺はこっちの都合でどうとでもなりますから。

 反対に、足もシビレず、お経の出来もよくて思わず読んじゃうこともあります。これだけやれば、仏さんも少しは喜んでるんじゃないかって、まぁ自己満足なんですけどね。
 やり甲斐? ないですよ。もともと好きで始めたわけじゃないもんで、面白いわけがない。人から感謝されれば悪い気はしませんが、結構、さめてますし。ま、そのお陰で自分が偉くなったなんて勘違いしないで済んでるのかもしれない。


第5回へ続く(6月25日公開)


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ 平成の裏仕事師『インスタント僧侶』/第3回
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)

<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師よりインスタント僧侶のお話です。

 転職が盛んなご時世。ちょっとした金さえ積めば、坊主にもなれるって寸法で、主人公も50万で買った正式な僧侶の資格を使い、世にも奇妙な僧侶派遣業なる仕事を開業、荒稼ぎしております。アイデア一つで金は稼げるもの。社会勉強にお一つご覧ください――。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ
平成の裏仕事師『インスタント僧侶』


松川惟一 仮名 42才

第3回

ハッタリを利かせて
意味ありげに振舞えば…



 僧侶の作法については、さすがに勉強しましたよ。死んだ直後に読む“枕経”に始まって、通夜に葬式、告別式。場合によっては出棺勤行や火葬場でお経をあげることもありますから。
 宗派別のマニュアル本を読んで、お経はカセットテープ。浄土真宗はもちろん、浄土宗、真言宗、日蓮宗、天台宗、曹洞宗までカバーできるように練習しました。

 ただ、ぶっちゃけた話、葬式の作法なんて誰も知らないんですよ。物の本によると、真宗は線香をあげるとき立てないで横に置くとか、清めの塩を使わないとか書いてあるけど、そんなの聞いたことがないでしょ。線香はどこでも立てて挿すし、葬式から帰れば塩をまくのが普通じゃないですか。

 結局、坊さんがもっともらしく式を執り行えばOKなんです。それがわかれば誰だって2週間も練習すりゃ葬式を挙げられますよ。

 最初の依頼は広告を出して1週間目に入りました。幸い、私がいちばん初めに練習した“南無法蓮華経”の日蓮宗だったから、これは受けられるな、と。

 親族が40人ぐらいの小規模な葬式でしたね。亡くなったのは86才のおばあちゃんで、老衰だったんですよ。
 悲しむってより、大往生をお祝いするような和やかな雰囲気だったんですが、なんせ初体験でしょ。そりゃ緊張しましたよ。

 でも、座って15分もしたら、「あ、こんなもんか」って落ち着いてきましたね。お経は練習してたし、大きな平仮名で書いてある経典見ながらだから失敗の心配もない。それに少しぐらい節がおかしくなっても、堂々と振舞えば問題ないって自分に言い聞かせてましたから。

 そう、とにかく堂々としてりゃ、たいていのことはOKなんですよ、坊主は。お経や法話は二の次。ハッタリ利かせて、いかにも意味ありげに立ち振る舞ってさえいれば、客はそんなもんかって納得しちゃいますから。
 だからめったなことじゃ動かないように心がけているんですが、ただ、始めた当初は若い人の葬式がイヤでね。

 今でも覚えているのは、12才の男の子の葬式に呼ばれたときです。家族は泣き崩れるわ、クラスメイトはわんわん泣くわで、さすがに『オレ、金儲けのために坊主なんかやっててバチ当たるんじゃねぇか』なんて後ろめたい気分になりましたよ。ビジネスって言いながらも、どっか割り切れない部分がありましたから。

 でも、そんな気持ちはあっという間になくなりました。他の坊さんたちと付き合いが出てきて改めて知ったんですが、なんせ、とんでもない連中ばっかですもん。愛人なんて当たり前で、飲む打つ買うのことしか考えてない。誰が死んだって、心は一つも入ってませんよ。



第4回へ続く(6月24日公開)


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ 平成の裏仕事師『インスタント僧侶』/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師よりインスタント僧侶のお話です。

 転職が盛んなご時世。ちょっとした金さえ積めば、坊主にもなれるって寸法で、主人公も50万で買った正式な僧侶の資格を使い、世にも奇妙な僧侶派遣業なる仕事を開業、荒稼ぎしております。アイデア一つで金は稼げるもの。社会勉強にお一つご覧ください――。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ
平成の裏仕事師『インスタント僧侶』


松川惟一 仮名 42才

第2回

1時間話を聞くだけで
免許が下りた


 言うまでもなく僧侶は資格制で、その免許のことを仏教用語で“度蝶”という。取得方法は主に次の二通りだ。

1・志したお寺の信者(宗徒)となり、何年か通って勉強を積んだところで出家(得度)を許してもらう。
2・大学の仏教学科を出た後、師匠(師僧)の下で2、3年修行した上で資格を得る。

 いずれにせよ、身内に住職がいない限り、寺にコネをつけるのも難しく、ましてや修行もせずに度蝶を得るなどありえない話。しかし松川氏は、その“ありえない話”を現実のものとし、伝統宗派の度蝶を手に入れたのだ。



 度蝶をもらうのは、本当に簡単でしたね。詳しくは言えませんが、実際にある山奥の寺に行って、住職の話を1時間ぐらい聞くだけ。式に着る法衣も向こうが用意してくれたし、本番前にリハーサルもあるから作法も何も知らなくても全然、困らない。

 いま私、柳沢(仮名)って男と一緒に事務所をやってるんですが、このときも2人で行きましてね。ところがこの柳沢ってのが、正座は苦手だからとケガもしてないのに右足に包帯を巻いて、イスを出してもらった。横着な男でしょ。
 そこへいくと私は真面目だから、冷たい床に1時間正座ですよ。でも10分ぐらいで足がしびれちゃって、坊さんが何を話したか全然、記憶にない(笑)。

 得度式には私たちの他に15、16人来てました。みんな、それなりの寺の御子息だんですよ。仏教大学出たり、小坊主として修行したり、まったくご苦労なことです。

 実際、僧侶のシステムってのはおかしなもんですよ。マトモにいけば何年も修行した挙句、100~200万円も喜捨しなくちゃいけない。お経の試験もある。
 その一方で、私らみたいにウン十万で度蝶を買ってる人間もいる。でも、どちらも僧侶。いいんですかね、これで。

 もっとも各宗派とも、元を辿れば実にシンプルでね。信者のいちばん多い浄土真宗を興した親鸞聖人なんか、「行はない」って書いてる。しかも親鸞は肉も食うし、嫁さんもらって、実に人間臭いわけですよ。
 いわば、もったいぶった修行やしきたりとはいちばん縁遠いのが親鸞ですから、今のシステムは住職連中が自分たちの権威付けと金儲けのために考え出したもんだと思いますよ。

 ま、そういう意味じゃ、動機が不純な私でも坊主の素質十分ってことですよね。


「料金5万」と広告しても
20、30万は包んでくる


 度蝶をもらったその日から、私は僧侶なわけです。依頼があれば葬式もできる。

 昔は、どの家も近所の寺に墓があって、そこで法要したもんですが、今は檀家制度が崩れて、東京近郊じゃ、お通夜や告別式を葬儀場でやって、遺骨は自分たちで霊園に納骨しちゃうのが普通でしょ。
 坊さんだって葬式屋だか祭儀場だかに頼めば、予算に応じて派遣してくれますよね。

 つまり私が言いたいのは、僧侶も家庭教師もシステム的には変わらないってこと。同じ派遣業なら、商売の仕方はお手のもんですよ。

 まずは、浄土真宗と曹洞宗、天台宗に臨済宗といったメジャーどころの衣装や小道具を買いに行きました。といっても、正装用の法衣なんて、目玉が飛び出すほど高くて手が出せない。そんなものは各宗派の紋が入った袈裟だけ揃えりゃ、後は使いまわしでいいんです。数珠なんか100円ショップですよ。
 次に業界の人たちが目を通す『祭典新聞』ってのに、“低料金で僧侶を派遣します”と広告を打ちました。ま、実際に派遣されるのは私と柳沢なんですけどね。

 ところでいま、通夜と葬式をセットでやったら、坊さんへのお布施っていくらかかると思います? 50万ですよ。お布施に値段が付いてるのもおかしな話ですが、坊主によっちゃ「よそ様からはこれだけ頂戴しております」なんて平気で言いますからね。

 そこをうちは、思い切って「派遣料2~5万」ってやった。葬儀屋や祭儀場は客から斡旋手数料をピンハネして坊主に渡してますから、彼らも安い僧侶を探しているんですよ。安けりゃ安いほど自分たちの実入りも大きくなるわけでしょ。

 でも、さすがに「2~5万」じゃ安すぎると思ってるんじゃないですか。言うほど儲からないだろうって。
 ところが、ここが面白いところで、「安すぎる」って思いは遺族も同じで、実際には20万、30万って金を包んでくるんですよ。せめて人並みのことをしてやりたいって気持ちがどうしても働いちゃうんでしょうね。

 わかります? ここがこの商売の最大の旨味なんですよ。


第3回へ続く(6月23日公開)


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ 平成の裏仕事師『インスタント僧侶』/第1回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師よりインスタント僧侶のお話です。

 転職が盛んなご時世。ちょっとした金さえ積めば、坊主にもなれるって寸法で、主人公も50万で買った正式な僧侶の資格を使い、世にも奇妙な僧侶派遣業なる仕事を開業、荒稼ぎしております。アイデア一つで金は稼げるもの。社会勉強にお一つご覧ください――。


裏モノNEWS特別連載
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ
平成の裏仕事師『インスタント僧侶』


松川惟一 仮名 42才

第1回

 みなさんは、僧侶と聞いてどんなイメージを持つだろうか。
 まさかいまどき『聖人君子』はないにしても、それなりに修行を積んだ、その道のスペシャリストと考えるのが一般的だろう。

 だがここに、自分の寺も持たず、本来厳しい修行の末に手に入れるべき僧侶の資格を50万円で買った、『インスタント僧侶』と呼ぶべき人物がいる。
 松川惟一(仮名)、42才。3年前、13宗56派と呼びなわされる某伝統宗派の僧侶となった男だ。現在、彼は友人と『東日本僧侶派遣連合』(仮名)なる事務所を設立。宗派を問わず、相場の半額で通夜や告別式を引き受けているのだという。

「『坊主丸儲け』とはよく言ったもんでね。まさかここまで金になるとは思いませんでしたよ」

 ラフな法衣姿でコーヒーをすする松川氏が、僧侶ギョーカイの裏側を語り始めた。

住職の家庭は
お茶の味が違う


 坊さんになる前は15年間、家庭教師の派遣業をやってました。大学や教員経験のある連中を集めて、客の希望に合う先生を斡旋するのが仕事です。
 始めたころは第二次ベビーブーム世代の受験ラッシュと重なって、いくらでも稼げましたね。私も国語と社会を教えて、羽振りはいい方だったと思いますよ。

 けど、いまは少子化の時代でしょ。この10年間で目に見えて生徒数が減ってきて、マトモに勉強を教えてるだけじゃ食えないんです。一時は、コネクションのある大学にルートを作って裏口入学の斡旋みたいなこともしてましたけど、あれもいろいろ気ばかり遣って大変でしてね。

 で、3年前、いよいよ別の仕事でも探そうかと情報収集してたとき、知り合いから「いい話があるぞ」って声をかけられたんです。修行もせず、髪も剃らずに坊さんの資格が買える、と。なんでも、その宗教のトップクラスの人間にコネがあるらしいんですよ。

 胡散臭い話でしょ。私だって他のヤツが言えば信じられなかったけど、話を持ってきたのが裏口入学の件で世話になった人でね。ものすごく顔が広くて、彼ならそんなことも可能じゃないかって、私、その場で「よろしくお願いします」ってアタマ下げましたもん。

 家庭教師から僧侶に転身ってのは、あまりに唐突だって、そう言いたいんでしょ。わかりますよ。でも、私らの間じゃ前から話してたんですよ。「坊さんほど儲かる商売はないよな」って。

 ほら、家庭教師で生徒の家に行くと、否が応でも家庭の事情が覗けちゃうんですよ。その中には寺の子供なんかもいるわけです。そうすると、生活のレベルが庶民と全然違う。周りを気にしてか、一見、質素に見えるんだけど、まず出てくるお茶が違うから。なんか、やたら味がいいんですよね。

 で、「お夕飯どうぞ」なんて寿司を取ってくれると、今度は醤油が違う。コクといい、まろやかさといい、スーパーで売ってるのとは明らかに違う別物。『どっちの料理ショー』に出てくるようなこだわりの醤油なんですよ、これが。

 ああ、こういう見えないとこに金を使うのが本当のかねもちなのか。なれるもんなら坊さんになりたいって、そういう思いがずっと心のどこかにあったんでしょうね。


第2回へ続く(6月22日公開)


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
エロ写メ倉庫に匿名さんよりドエロ人妻の痴態写メをいただきましたぁ
エロ写メ倉庫に匿名さんから、ドスケベ~な人妻写真をいただきました。妙な色気は、やっぱり女子大生やOLには出せない!御堪能あれ。


20070618ph4.jpg



※エロ写メの閲覧にはパスワードが必要になります。コチラa@urajp.jpへいったん空メールを送ってメルマガに登録、最初のパスワード配信が届くのをお待ちください。
ただし、最初のパスワードが届くまでは、若干のタイムラグをいただいております。その前に「ぜひ見たい!」という方は、メルマガ登録後、件名に『パスワード希望』と記し、コチラinfo@urajp.jpまでご一報ください。

皆様の登録、お待ちしております(無料ですのでご安心を)!
今月号のフロクブログに『大阪で生まれた女』をUPいたしました
毎月、本誌では掲載しきれない、お宝写真や情報をお送りする『今月号のフロクブログ』に、河内真佐久の『大阪で生まれた女』より、エロテロリストさくらちゃんの画像をUPしました♪


20070620oosakaph1.jpg

天使のようなエロ大好きさくらちゃんに、さすがの河内も完敗です


もっと見たい方は→PC 携帯
今月号のフロクブログに『正真正銘の素人が絡むがちんこレズAV』画像を一挙24枚UPいたしました
毎月、本誌では掲載しきれない、お宝写真や情報をお送りする『今月号のフロクブログ』に、グラビアより『レズAV画像』を一挙UPしました♪

20070619kissph18.jpeg


終わりなき女の世界を堪能あれ…

もっと見たい方は→PC 携帯
第39回・チャット女と梅田でデート
<編集部より>

当企画は、北海道から沖縄まで、その日暮らしで旅を続ける26才青年の旅行記です。恐れ入りますが、初めての方は第1回 御挨拶からお読みくださるようお願いします。

20070619wadaph1.jpg
観光&自殺の名所としても名高い東尋坊にて


『俺ブログの旅』バックナンバーを読みたい方は虫象リストへGO!


●3月23日
西成の散髪屋で髪を切る。

800円ヒゲそり付とは随分と割安だが、切った髪が頭や服に大量についていたため銭湯へ直行。

準備万端、チャットで知り合った女と梅田でデートする。
20070619wadaph2.jpg

が、まったくもりあがらず解散する。
コデブちゃんとのつまらん会話に疲労感でいっぱいだ…。


その後、道案内してくれた女の子・千賀子と偶然再会し、メールのやり取りが始まる。

夜は漫画喫茶で寝た。


●3月24日
前から行ってみたかった大阪人権博物館を見学後、西成に戻って一泊500円のドヤで寝る。

当分連泊するつもりだ。



虫象への手紙
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇
当コーナーは皆様からいただいた虫象への励まし・ご意見の場です。どんな些細な言葉でも構いませんので、ペンネームを添えて送ってやってください。投稿先はコチラoubo@urajp.jpまで☆※たま~に本人から直接お返事させていただくことがあります。


投稿39 西成がすごい似合ってますね。なんだか一生そこで暮らしてそうな悪寒(笑)。
(千葉県・大造爺さんと肝臓ガン)

編・たしかに、あの西成にいても、十年選手の風格が。普段の旅がそれだけ過酷ということなんでしょうが…。



裏モノ携帯サイトで公開中!! 秘蔵のエロ写メを見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、コチラまで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。


※第40回へ続く

Top画面へ
思い知ったかクサレ部長!アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、サラリーマンの上司への復讐のお話です。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
思い知ったかクサレ部長!
アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー


矢崎薫 仮名 22才

最終回

娘を傷物にされた
父親はどう変化するか


 いざ娘をモノにすると、オレの心境は劇的に変化した。いくら部長が嫌味を言おうと企画書を返されようと、全然悔しくないのだ。
 ヤツのかわいがっているものを汚す喜び。アンタが偉そうに叱るその相手が、まさか娘を喰っちゃったなんて夢にも思ってないだろ。ははは、ざまーみやがれ。

 オレとユイは、毎週末ホテルで1日中お互いの身体を求め合った。どこで覚えたのか、彼女のお口使いは特別で、モノをおいしそうにしゃぶりたおし、両手の使い方にもソツがない。
 が、何よりオレを興奮させたのは、咥えながら上目遣いをしたときの表情である。まさに米倉涼子そのもの。このフェラチオは癖になる。

 もっともオレは、彼女に特別な感情は何一つ抱かなかった。誘えばヤレる都合のいい女。それ以上でもそれ以下でもない。

 一方、ユイはそれ以上の関係を望んでいた。すっかり恋人気分で携帯ストラップまで同じデザインのものを付けたがる。正直、ウザイんだよ。元々が腹黒い気持ちで接近した女。誰があの部長の娘となんかラブリーな間柄になれるか。
 なに? プリクラ一緒に撮りたい? 冗談じゃねーよ。ヤツに見つかったらシャレになんねーべよ!

 そんなオレの態度に、次第に彼女は不満を口にするようになっていく。そろそろか。散々弄んだし、そろそろポイ捨てしてやっか。

 本当は便利なだけの女でいたら、しばらくセフレでいたかったけど、仕方ないだろ。部長への復讐は十分果たしたんだしな。

「ちょっと話があるんだけど」
「え?どうしたの?」
「なんかさ、このまま中途半端な関係続けるの、もう止めない?」
「じゃあ、ちゃんと付き合う?」

 逆だよ逆。別れたいって言ってんの。どこまでバカなんだよ、オマエ。

「ちょっとさ、気持ちの整理するために時間置こうよ」
「……どれくらい置くの? 私は整理ついてるよ!」

 半分怒ってるような悲しんでいるような。柄にも無く心は痛むけど、これ以上君に深入りするのは危険なんだよ。わかってくれよ。
 っていうより、いまオレが何を考えてるか教えてやろうか。男にフラれた傷心の娘を持つ小林部長。この後、ヤツの態度にどんな変化が現れるか。それを想像するだけで胸がワクワクするんだ。そう、そんな邪悪な人間な男なんだよ、オレって人間は!

☆☆☆

 小林部長が時々、会社を休むようになったのは、今年に入ってからだ。出社しても心なしか顔色が悪く、オレに対する嫌味も少なくなった。

 オレは今、どう切り出そうか迷っている。

「部長、最近元気ないじゃないですか。どうされたんですか。もしよかったら飲みにいきませんか。たまにはボクに奢らせてくださいよ。愚痴でも何でもこぼしてくださいよ」

 果たして、部長は誘いに乗ってくるだろうか。

終了


※2002年4月号掲載 購入はコチラから→携帯の方 PCの方


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
思い知ったかクサレ部長!アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー/第4回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、サラリーマンの上司への復讐のお話です。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
思い知ったかクサレ部長!
アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー


矢崎薫 仮名 22才

第4回

お嬢さんがいいって言うんで
中出しさせてもらいやした


 娘は19才、ユイと名乗った。

「学生?」
「ううん、フリーター」

 おいおい、部長様のお話では、○○大学に通ってるんじゃありませんでした?

「大学は入ったんだけど、すぐに辞めたの。なんか性に合わないんだもん」

 天然ボケというのだろうか、話の端々から物事を深く考えないキャラが見え隠れする。いいよ君、とってもいい。

「純一君は何してる人?(むろん偽名を使った)」
「普通の会社員だよー」
「うそー、普通の会社員がそんな頭でピアスなんてしないでしょ」
「そうそう。だからいっつも課長に怒られてんの、オレ」
「え、マジ? アハハハ。超おかしい!」

 おかしい、オレ? そうなんだよ、いつも君のパパから怒られてるんだよ。だから、そのお詫びにユイちゃん、オレにヤラしてよ。いかにも軽そうじゃん、君って。

「どう、この後、ドライブでも行かない?」
「ゴメン、これから用事あるから帰りたいんだよね」
「あ、そうなんだ。んじゃ、これからメールとかしちゃっていい?」
「いいよー。今、送るね。純一君のメアドいい?」
「おうおう、ちょっと待ってね」

 この後、駅まで車で送り、笑顔で別れた。脈があるのかないのか、よくわからない。ま、焦らずジワジワ攻めていけばいいか。

 と、思ったらコトは想像以上に早く進んでいく。

<初めて会ったばかりだけど、スゴイ楽しかったよ。ユイ>

 帰りの運転中にまずメール。家に帰ったら帰ったで<また遊ぼうよ>、<どこに連れてってくれる?>、<いつならヒマなの?>と、もう止まらないったらありゃしない。

 部長から、アンタんとこのユイお嬢さん、オレのことすっかり気にいっちゃったみたいっすよー(笑)。

 翌土曜、再び彼女に会った。今度は横浜の駅近くで居酒屋デート。こっちが勧めるまでもなく、ユイはカクテルをがんがん空けていく。話、早そー。

 2時間もたたないうちにグロッキー状態となった彼女を車に乗せた。

「大丈夫?」
「うーん、気持ち悪いー」
「帰れそう?」
「うーん、帰れないー」
「どっかで休んでく?」
「やすみたーい」

 あまりに簡単すぎて笑いたくなった。もしかしたらこの女、最初からオレと寝る気だったんじゃないの。

 ま、どうでもいいすね。部長さん、遠慮なく、娘さん、いただきますわ。正常位とバックで1回ずつ。あ、それと娘さんがいいっておっしゃいましたんで、1回はゴックン、もう1回は中出しさせてもらいました。念のため、報告しときます。


最終回へ続く(6月12日公開)


※2002年4月号掲載 購入はコチラから→携帯の方 PCの方


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
思い知ったかクサレ部長!アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー/第3回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、サラリーマンの上司への復讐のお話です。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
思い知ったかクサレ部長!
アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー


矢崎薫 仮名 22才

第3回

とりあえず家でも
拝んでおくか


 翌週もクサレ小林の虐めは続いた。オレがターゲットにされていることは、もはや部内全員の人間に明らかだった。

 屈辱と怒りで、肩が震えてくる。茶髪を黒に染め、ピアスを取ればいいのか。
 うるせーよ。前の部長はそんなこと一つも言わなかったぞ。やるべき仕事をきちんとこなし、成果を出すことが重要じゃねーのかよ。

 ま、いいだろう。アンタがそういう態度で接し続けるなら、オレはオレで動かせてもらう。

 正直、この時点でどこまで本気だったのかは自分でもわからない。何が最終目的なのかも、はっきりしてなかった。
 ただ、あの写真に写った、いかにもお嬢さん然とした娘にちょっかいが出せれば、少しは溜飲を下げられるのではないか。そんな程度のことだったのかもしれない。むろん、彼女がイイ女だからこそ、抱いてみたいという気持ちが大きかったのも否定はできない。


 土曜の夜、名簿に書かれた部長宅に車を飛ばした。とりあえず家でも拝んでおこう。軽い気持ちだった。

 同じような建売が並ぶ一角に、小林部長の自宅はあった。2階に明かりが点いている。あれが娘の部屋か。

 さて、どうする。さっさと帰るか、しばらく娘が出てくるのを待つか。いや、そんな都合よくいくわけがない。夜8時も回って、一人娘が外出するなんてよな。
 オレは愚かな行動をしているのかもしれない。沸き上がる空虚感に、エンジンをかけようとキーを入れた、そのときだった。

 突然、部長宅の玄関に明かりが点いた。ヤバッ! とっさに身体をずらして頭を隠す。もし、こんなところを部長に見つかったらシャレになんねーぞ…。

 恐る恐る顔を上げたら、若い女が玄関から出てくるところだった。間違いない。娘だ。米倉涼子を少~し崩して、少~しケバくした感じ。長く美しい栗色の髪。バランスのとれた細身の身体は申し分ない。こんな夜にどこへ行くんだろう。

 一瞬、追いかけようと身体を起こしたところで思いとどまった。ま、いい。今日はナマ娘が見れただけで十分だ。部長が自慢するのも納得がいくあの美貌。負のエネルギーを注ぐターゲットとしては最高だろう。

 翌週日曜は朝から自宅を見張った。かろうじて玄関先が確認できる空き地に車を停められたのは、ラッキーとしか言いようがない。

 待つこと4時間。娘は昼の2時過ぎになってようやく姿を現わした。歩く方向からして駅に向かっているのは間違いない。横浜で買い物か。それともデートか。

 駅に先回りしてロータリーで娘を待つ。ほどなく現れる女。さぁ、どこへ向かう。電車に乗るならとことん後を追わせてもらうよ。

 娘はコンビニに立ち寄った後、ベンチに座り携帯を触り始めた。メールをピコピコしている様子は、誰かと待ち合わせと考えるのが一番スンナリいく。

 が、それから30分たっても彼女の前に現れる人間はいない。相変わらずメールに忙しい娘。もしかして単にヒマなのかよ。オレは意を決して彼女に近づいた。

「おっす! 何してんの?」
「え、べつにー」

 おぉ、見上げた顔がかなりイケてるじゃん。

「待ち合わせ?」
「べつにー」
「あのさ、オレ、仕事でこっち来たんだけどドタキャン食らっちゃってさ。どっかでメシでも食おうかと思ってんだけど、この辺、ファミレスとかってない?」
「………」
「なんか今日、すげー寒いじゃん。どこか教えてくんない? 車あるから案内してよ」
「………」

 怪訝そうにオレを見る娘。そりゃそうだ。どう考えたってナンパだもんな。でも、いいじゃん。ちょっと付き合えよ。

「ガストならあるけど…案内してあげてもいいよ」

 おお! 誘いに乗ってきやがった。ヘヘヘッ、オレが誰とも知らずに、簡単なもんだぜ。ねーねー、部長さん、アンタの娘、オレには絶対ついてこないんじゃなかったっけ? どうなのその辺。


第4回へ続く(6月11日公開)


※2002年4月号掲載 購入はコチラから→携帯の方 PCの方


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
思い知ったかクサレ部長!アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、サラリーマンの上司への復讐のお話です。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
思い知ったかクサレ部長!
アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー


矢崎薫 仮名 22才

第2回

オマエとウチの娘じゃ
天と地の差がある


「どうして何回言っても直らないのかな。君の書いたコレさ…」

 部長が来て1週間。その朝も、報告書の不備で呼び出しを喰らったオレは、ヤツの机の脇でイヤミまじりの説教を聞かされていた。

 ったく、いちいちケチつけやがる。ムカつく野郎だぜ…。

 下を向いて聞き流しているとき、ふと1枚の写真に目がとまった。机のビニールシートの間に挟まれた家族写真。右側におばさん太りの奥さん。そして2人に挟まれて、長髪の色白美人。このコ、ひょっとしてアンタの娘? ふ~ん。

 可愛いぶん妙にムカつくなーと思ったら、その夜、近くの居酒屋で行われた部長の歓迎会で、ヤツが娘のことを好き放題ホザいた。

「オレの娘はなー、○○大学に行ってるんだ、スゴイだろ? 親にも優しいし、見た目もキレイだし」
「そーなんですかー。ほんと羨ましいですよ」

 地味な服装のおかげで企画書が通った同僚が酒を注ぐ。このイソギンチャク野郎…。

「おい、ヤザキー。お前、相変わらず耳飾りなんかつけてるのかー」
「はぁ、すいません」
「オマエみたいな男には、ウチの娘はゼッタイついていかんよ。オマエとウチの娘じゃ、天と地ほどの差があるって。アハハハハ」
「………」

 鬱陶しい娘自慢は、飲み会が開かれるたびに繰り返された。仕事中も散々嫌味を聞かされた上での、この暴走。ヤツに対するストレスは既にパンパンである。なんとかして、このクサレ部長に一泡吹かせる方法はないもんか。

 そのヒントは、10月初めの日曜日、年賀状を整理していた際、唐突に閃いた。そんな時期になぜ年賀状を、と思われるだろうが、半年ほど前に祖父が死に、喪中ハガキを出す必要があったのだ。

 昔からなぜか挨拶儀礼の類に律儀なオレは、届いた年賀状と会社の総務から借りた社員住所録をもとに、さっそく喪中ハガキの作成に取りかかる。
 と、住所録の中に小林部長の名前があった。やはり、コイツにも出しておくべきか。どうせ、年賀状など来ないだろうからいいか。

『神奈川県○○市×××町4-5-25』

 ふーん、一戸建てに住んでやがるのんだ。あの娘の部屋は2階にでもあるんだろうか。
 待てよ…。もし仮にオレが娘と付き合ったらどうなる? オレが娘と寝ちまったらどうなる? 小林の野郎、発狂でもしちゃうのか。
『コレっておもしれーじゃん!』

 オレの中に、ぼんやり邪悪な思いつきが浮かんでいた。

第3回へ続く(6月10日公開)


※2002年4月号掲載 購入はコチラから→携帯の方 PCの方


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
思い知ったかクサレ部長!アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー/第1回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、サラリーマンの上司への復讐のお話です。

 景気回復が叫ばれても、それは一部の大企業だけ。大半が不遇な会社員生活を送り、次の職も見つからないため、理不尽な上司に耐えている。主人公はまさにそんな男。部長に執拗に虐げられ、思いついたリベンジが実の娘をハメてしまうことで…。


裏モノNEWS特別連載
思い知ったかクサレ部長!
アンタの可愛い一人娘を喰って捨てたのは部下のオレなんですよー


矢崎薫 仮名 22才

第1回

 上司に恵まれないサラリーマン、OLの皆さん、毎日お勤めご苦労さんっす。
 社会人やってて何がイヤかって、バカで嫌味な人間の下で働くほど不快なことってないですよねぇ。部下にはガミガミ怒鳴るくせに、上の方にはヘーコラしやがって、まったくテメーいつかぶっ殺してやる、みたいな(笑)。

 え? 逆らったらどんな仕打ちが待ってるかわかんないって? アハハハ、そりゃそうだ。上司に楯突いちゃいけませんよ、出世に響きますからねー。

 でもね。もし、その上司に娘がいたらどうします? しかも、そのコが年頃のけっこうイイ女だったりしたら。

 実はオレんとこの部長、ちょうどそんな美味しい娘を1人持ってたんすよ。あの胸くそ悪い野郎の鼻をへし折るに絶好の娘を、ね。

ある日突然やってきた
新任のイジワル部長


 高校を卒業して、今の会社に入ったのが4年前。社員300人の電気部品メーカーという地味な職場ながら、花形といもいうべき『商品開発部』に配属され、オレは張り切った。
 開発部長をトップに、8人の男が1つの商品を作り上げていく喜び。それは、高校時代相当ヤンチャしたオレにとって、経験したことのない充実した日々だったといえる。

 しかし、そんなヤル気バリバリの毎日も、昨年秋、呆気なく幕を閉じる。チームの要である開発部長が大きな病を患い退社、代わって、とんでもない野郎がオレの上司に就いたのである。

「本日付けで、この商品開発部を任されることになった小林だ。よろしく頼む」

 思わず、神を呪った。この小林、オレの入社当時から良からぬ噂が飛び交っていた男で、曰く、機嫌によって性格が変わる、えこひいきがひどい、給料を下げられた、新入社員をイジメて辞めさせた等、とにかく、コイツの部下だけにはなりたくないと思っていた人物なのだ。それがよりにもよって、なんでオレの上司に…。

 部長の嫌がらせは就任当日から始まった。オレが茶髪にピアスという、ヤツの言うところの“チャラチャラした格好”だったこともあるのだろう。ターゲットは最初から決まっていたようだ。

「矢崎君、ちょっといいかな」
「はい」
「君の企画だけど、まったくダメ。前からこんな企画書作ってたの? あと、この報告書も書き方が良くないね」
「…あの、どの辺りがダメなんでしょうか」
「ハハハハハッ。全部だよ、全部」

 オレが提出した企画書を机で叩きながら、嘲笑する部長。少し前に同僚が出した、明らかに内容的に劣る企画書がストンと通って、オレのがボツってか。その同僚がオレと違って、地味な格好してるからなのか。

 あまりにわかりやすい、えこひいきに、ただ呆れるしかなかった。


第2回へ続く(6月9日公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
私はハタチの闇金ギャル店長/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ヤミ金を運営するギャル店長です※第1回はコチラからです。


裏モノNEWS特別連載
マジでチョー返してほしいんだけど!
私はハタチの闇金ギャル店長


水口早紀 仮名 20才

最終回

ボロアパートの一室で
チンピラ5人に囲まれて


「これからは実質、店長としてやってもらうから」

 平成14年1月、オーナーが新たに44才の男性スタッフを私の部下に雇い入れた。人手が足りぬほど、店の利益は順調に伸びている。が、それに比例するようにトラブルも増えていた。
 イタズラ電話、事務所への投石。いずれも大事には至らないが、時にマジで身の危険を感じることもある。

 25才の自称フリーターに貸したわずか2万円が返済期限を過ぎても戻ってこない。さっそく自宅アパートに督促に行ったら、なぜか部屋にいかつい男が5人。自称フリーターは、実はヤクザの下っ端だった。

 気付いたときには、部屋で正座させられていた。

「これ、どういう状況かわかってるよね?」
「え、えぇ。まぁ…」
「オレ、金なんか借りた?」

 そう来たか。脅してチャラにしようってワケ? だったらハッキリ言ってやろうじゃないの。

「3万です」
「フザけんな! 2万だろ!」

 バカで~。自分で2万借りたって白状してんじゃん。しかも、利息のこと忘れてるし。なんて余裕かましてる場合じゃないっつーの。誰か、マジ助けて。

 もはやレイプされてもおかしくない状況の中、偶然にも彼らの兄貴分とやらがやってきた。いい人だった。事情を聞くと、さっと財布の中から万札を取り出し、
「ごめんな。オレが立て替えておくから」
 あ、あの2万じゃなくて3万なんです…とは、とても言えません。

 事務所に戻って一息つくと、今度は中学時代の親友から連絡が入った。親がヤミ金に手を出し、困っているらしい。

 とにかく電話じゃ話しにならないからと、事務所に呼び出した。

「うぅぅぅ、私、本当にどうしたらいいの? ソープランドとかに売られちゃうの?」
「まぁまぁ。とりあえず手っ取り早い方法は、住民票をそのままに引っ越すことかな」
「住民票? 引っ越す?」
「元金だけでも返しているなら、弁護士に相談するのが手っ取り早いかも」
「はぁ」

 スラスラと言葉が出てくる私を呆然とした目で見つめる友達。な、なによ。

「ありがとう」
「ううん、気が楽になった?」
「うん。相談に乗ってくれて本当にありがと~。今度、マックおごるから」

 …マック。その言葉を聴いた途端、なぜか軽いショックが走った。2年前まで彼女と私は何も変わらない高校生だったのに、今ではヤミ金の相談を受けてる私っていったい…。

 もう普通のハタチには戻れない。半ばあきらめ気分で、今日も取り立てにでかける私だ。

終了



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
私はハタチの闇金ギャル店長/第4回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ヤミ金を運営するギャル店長です※第1回はコチラからです。


裏モノNEWS特別連載
マジでチョー返してほしいんだけど!
私はハタチの闇金ギャル店長


水口早紀 仮名 20才

第4回

オマワリさん、いいとこに
来てくれました!


 ヤミ金でもっとも過酷な仕事は言うまでもなく取り立てだ。追い込む前に払わせろの作戦で大半の客はスンナリ回収できるが、売上が伸びれば不良債務者が増えるのも仕方がない。

 手が空き次第、チャリンコで客の下へ追い込みに行くのが、いつもの私のやり方。相手は、こんな若いネーチャンが来るとは予想もしなかったゆで、みな同じような反応を示す。

「あ、ああ、あの、社員さんだったの?」

 パートの事務員ぐらいにしか思ってなかったんだろう。その分、相手に与えるインパクトはでかい。
 とはいえ、恫喝するような物言いは一切しない。努めて冷淡に「借りたモノは返すのが常識でしょ」と迫るのが常套手段だ。

 これで1万でも2万でも誠意を見せるヤツは、放っておいても後でキッチリ回収できる。問題は居留守を使うような開き直り野郎だ。こうしたナメた連中には、私も容赦はしない。

「○×さ~ん。ちょっと、マジでお金返してくんないかなぁ。お、か、ね、返して~。ほんと、どういう教育受けたら、こんな非常識なコトができんだろうね。近所のみなさんも迷惑してるよ~」

 大声で騒ぎまくって、家族でも出てくりゃシメたもの。逆にオマワリさんを呼ばれたところで、何一つビビることはない。

「オマワリさん、いいとこに来てくれました! 見て、この借用書。貸したお金、返してくれなくて、私、困ってるの。ねぇ、何とか言ってよ」
「まぁ、まぁ、この人も大変なんだからさ、ここはひとつ」
「ちょっとちょっと。コッチもちょーマジで大変なんですけど」
「いや、あはは」

 民事不介入の原則とは、どうやらヤミ金のためにあるようだ。

 もっとも、これだけ強気に攻めても、出張回収率は五分五分ってところ。取れないケースは、やはりそれなりの事情がある。

 今も忘れられないのは、公団住宅に住む母子家庭宅に取り立てに行ったときのことだ。貸付金は5万円。返済期限が2日も過ぎている。

「横山さん(仮名)、いる?」

 ドンドン、トビラを叩きながら新聞受けの中を覗いた。と、微かに漂う石油ストーブの匂い。ったく、いるじゃねーか。居留守使ってんじゃねーよ!

「横山さ~ん、貸した金、返してくださ~い、困ってま~す」

 相変わらず返事はない。もはや仕方ない。私は家具を差し押さえるため(代物弁済といって、借用証にもキッチリ明記してある)、軽トラックの手配に取り掛かった。

 と、そのとき、おもむろにドアが開き、中から小学4年生ぐらいの男の子が現れた。

「うぅ、おがあざんんはぁ」

 知的障害者だった。呆然としながら部屋を覗いた。異様なまでに散らかっている中の様子。いや、違う。散らかってるように見えたのは、みんな…乾いたゲロ。
 瞬間、私は家を飛び出した。全力でチャリのペダルを踏んだ。吐きそうになるのを我慢しながら、私は必死だった。それから間もなく、横山さん一家は姿をくらました。あの子供はどうなったのだろう。今でも時々思い出す。


最終回へ続く(6月4日公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
私はハタチの闇金ギャル店長/第3回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ヤミ金を運営するギャル店長です※第1回はコチラからです。


裏モノNEWS特別連載
マジでチョー返してほしいんだけど!
私はハタチの闇金ギャル店長


水口早紀 仮名 20才

第3回

入社半年にして
月収180万!


 オーナーの厳しい指導はもちろんだが、もともと自分に人並み外れた金貸しの素質があったとしか思えない。働き始めて半年、私はいっぱしのヤミ金屋になっていた。

 とにかく、客を掴むことにかけては、われながら惚れ惚れするほどの腕前。ウソ八百の甘い誘い文句で客を事務所に呼び寄せたら、男性には顔拭きおしぼりを手渡し、女性にはプライベートな相談まで気軽に応じる気遣いだ。ときには、パチンコ、ときには近所のラーメン屋で一杯オゴリ、私だけが真の理解者だと勘違いさせた。

 客はいとも簡単に術中にハマる。実印や印鑑証明、保険証などを取り上げられたことも忘れ、ただひたすら私に感謝しながら金を借り、苦しくとも私にだけは返済を怠らない。それが証拠に、返済率は9割を超え、オーナーのそれをも遥かにしのいだ。

 もちろん、店の利益も飛躍的に伸びた。開業当初は月100~150万だったのが、3カ月で400万、半年で900万超。私の取り分はその内の2割だから、月収180万だ。18、19才の小娘でそれだけ稼ぐ人間が、日本にどれだけいるかと聞きたくなるぐらいの数字である。

 儲けることの喜びを知れば、ますます仕事も楽しくなる。しだいに私は帰宅後も金融の勉強に精を出し、ナニワ金融道から、小難しい法律書にも目を通すことになった。これぞ私の生きる道。そんな気分だ。

 マンションで1人暮らしも始めた。自立するのに十分な貯金があったのも理由だが、実家にいると、いつか親に仕事がバレてしまう。そう、私は両親にヤミ金で働いていることを言えないでいた。

 付き合っていた彼氏にも、最初は黙っていた。が、部屋の本棚にミナミの帝王全巻が揃っていたら、さすがに相手も怪しむ。

「おめ~、他に男いんだろ!」
「いないよ!」
「じゃあ、なんでこんなオヤジ漫画があるんだよ!」
「……実はさぁ、ヤミ金で働いているんだよね」
「え? それって、トイチとかそーゆうやつか」
「ううん。私のところはトゴ」
「なに~!?」

 呆れる彼氏だったが、他に男がいないとわかると、安心したようにミナミの帝王を借りて帰っていった。単純!


第4回へ続く(6月3日公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
私はハタチの闇金ギャル店長/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、ヤミ金を運営するギャル店長です※第1回はコチラからです。


裏モノNEWS特別連載
マジでチョー返してほしいんだけど!
私はハタチの闇金ギャル店長


水口早紀 仮名 20才

第2回

ウソ八百並べても
事務所に誘い込め


 平成13年7月。株式会社ブリッツファイナンス(仮名)は東海地方の某市、繁華街の外れにあるマンションの一室に店をオープンさせた。中は16畳ほどの1ルームをパーティションで仕切っただけの、簡単な作りだ。

 私が最初に与えられた仕事は、DMの発送だった。名簿に載った約2千人に片っ端から営業の案内を送るのだ。

 もっとも、ハガキに記された利息18%や支店10店舗なんて文句は全部ウソ。本当は10日で5割、通称トゴだ。

プルルルルル~~

 翌朝一番、店の電話が鳴った。

「はい、ブリッツファイナンスです。はい、はい、ありがとうございます」

 オーナー、猫撫で声なんか出しちゃって、チョー可愛いじゃん。

 単なる問合せかと思いきや、その30分後、50過ぎの冴えないオジサンが本当に金を借りに来た。首をうなだれ何度もお辞儀しながら、5万円を受け取る姿は痛い、痛すぎる。

「早紀、接客の流れをちゃんと見てたか?」
「は、はい」
「ほんじゃ、これ、ファイルしといて」

 住民票に免許証のコピーと実印、印鑑証明。他にも会社や自宅の地図に借用証と念書、債権債務不存在証明書なんてややこしいモノまで含め、計10枚。何でも、警察対策のために、個人間の貸し借りを装うらしい。

 けど、不思議。こんなバカみたいな金利で、どうして金を借りるのかしら。

「バカ、サラ金で相手してもらえないような多重債務者は、ウチみたいなのを頼るしかねーんだよ」
「へぇ~。で、多重債務者って何ですか?」
「………」

 あきれながらも、オーナーは親切丁寧に金融の知識を教えてくれた。法定金利や自己破産の仕組み。何より叩き込まれたのは、商売のやり方だ。
 とにかく事務所に誘い込め。電話でウソ八百並べたところで、目の前に金をぶら下げられたら、トサンでもトゴでも飛びつくのが借金人間のサガ――。

 そんな、ある意味非情な考え方に正直、最初は反発心を覚えた。

「なんで、あのおばあちゃんから年金証書まで取り上げるんですか。かわいそー」

「オマエ、甘いよ」
「甘くないです!」
「んじゃ、自分の金を貸してると思ってみ? 5千円でも1万円でも絶対に取り返そうとするだろ」
「そ、それは…」

 悔しいけれど、何も言い返せなかった。

第3回へ続く(6月2日公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
裏モノ投稿広場エロコーナーが充電期間を経て復活!
裏モノ投稿広場・エロコーナーを更新しました。※勝手ながら長らく充電期間をいただき、大変申し訳ありませんでした。

復活初日は本誌裏モノ『写メりまSHOW』でも最強の常連としておなじみ・フォトネット氏のルポ。

本来は、文字だけのエロ投稿コーナーですが、特別に氏には写真を提供していただいております。
20070601photoph8.jpg

こ~んな、ドスケベカットが漏れなくタダ見放題!皆さん、どうぞアクセスください。
携帯のみになります。あしからずご了承ください。