FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
今月号のフロクブログに『おじゃマン・みすずちゃん』のエロカワ写真をUPしました
毎月、本誌では掲載しきれない、お宝写真や情報をお送りする『今月号のフロクブログ』に、『お嬢さん、おじゃマンしま~す』より、セフレ6人の鵜飼いなみちゃんの画像をUPしました♪


20070829ph4.jpg

さぁ、パンツは履いてるか、履いてないか?


もっと見たい方は→PC 携帯
人気マジシャンのタネぜんぶバラします Ver2.0 税込み500円にてコンビニ登場!
◆大好評「人気マジシャンのタネぜんぶバラします」が、従来の半分のサイズ=ポケット判になりました!
セロ、Dr.レオンの新作ネタバラしを巻頭カラーページに緊急・追加掲載!

◆8月16日(木)全国コンビニで緊急発売!!
※一部地域では発売日が異なります


20070815magicph.jpg

人気マジシャンのタネぜんぶバラします Ver2.0
500円(税込)


▼セロ「マジック革命!セロ!!マジック世界No.1受賞 SP」(07年7月24日放映)
車の窓を貫通して当たりカードが貼り付く
ポスターのリンゴがホンモノに
バスローブを一瞬で着替える
イメージしたカードを当てる
ジッポーのススでカードを当てる
ペンが刺さったお札が元に戻る
指輪を一瞬でハメる
フタをしたビール瓶にキャップが入る
ラーメンを素早く食べる
スイカの種が消える

▼Dr.レオン「ダウンタウンVS魔術師Dr.レオン!!史上最強マジックスペシャル2」(07年7月19日放映)
卵の中にSDカードをワープさせる
氷の中からサインしたコインが出現
ビール瓶に栓抜きが入る
ワリバシが消える
机を貫通する
選んだ文字が客の腕に浮かぶ
チロルチョコの種類が変わる
コインがアクリルボックスを貫通


※上記以外の掲載マジックは「人気マジシャンのタネぜんぶバラしす」定価:880yen(税込み)の記事の再録(まったく同じもの)です。悪しからずご了承下さい


その他、前田知洋、マリック、ふじいあきらなど、人気マジシャンのタネ全200本!

★「人気マジシャンのタネぜんぶバラします」定価:880yen(税込み)は絶版品切
奥さん、今日はワンワンスタイルで~ドッグトレーナーのオイシすぎる日々/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、スケベな犬の調教師をお送りします。


裏モノNEWS特別連載
ドッグトレーナーのオイシすぎる日々
奥さん、今日はワンワンスタイルで


薮田隆弘 25才 仮名

最終回 ※第1回はコチラから

君は、妻だけじゃなく
愛人にも手を出したんだ



 アヤコや吉野夫人と不倫を重ね、完全に裏モノトレーナーの道を歩み始めたオレは、その後2年間で20人ほどと関係を結んだ。
 とはいえ、自ら積極的に口説いたケースは皆無。仕事を円滑に進めるため愛犬をホメちぎり、時折、クリッカー(ブリキ板でできた躾道具)などの備品をプレゼントしただけだ。

 が、心寂しい彼女たちは、それがたまらなく嬉しいらしい。マダム、団地妻にOL、小学校の先生や銀行マンの箱入り娘。みんな自分から股を開いた。
 むろん、中にはとても食えないキワモノもいる。毎週のようにオレを呼び出すあき竹城似の女社長など、ガーターベルト姿で待機していたし、芸術家のホモカップルには、オネエ言葉で毎回のように「ねぇ、泊まってってぇな」とささやかれた。ちなみに、この家の飼犬は3匹とも雄だ。

 不思議なのは、大半の女性がペットにセックスを見られるのを極度に嫌っていた点だ。
 犬が本当の子供のような錯覚に陥ってるせいだろう。が、オレは知っている。たとえその場に居合わせなくとも、ペットは肉体関係があったことに気づくのだ。

 特に鋭いのが大型犬のゴールデンレッドリバーで、普段は温厚なこの犬に咬みつかれたことは一度や二度じゃない。

 しかし、それもダンナにバレるよりはマシだろう。平成15年夏のことだ。1年以上関係を続けていたアヤコのご主人から、突然電話があった。

「ちょっと、来てくれないか」

 淡々と落ち着いた、大人の男の口調。ことばの奥に並々ならぬ怒りを感じるのは、明らかに浮気の事実を突き止めたのだろう。観念するしかない。
 車のエンジンにスイッチを入れ、指定されたカフェに向うと、一番奥のテーブルに夫妻が座っていた。

 ダンナは50代後半の紳士風。いかにも高級そうなスーツを身にまとっているその隣で、アヤコは完全に眼が泳いでいる。
 先に切り出したのは旦那の方だった。

「君はウチの妻だけじゃなくて、愛人にも手を出しているんだよ。わかっているのかね?」
「へ?」

 宝塚のマンションに、コーヒーカップチワワと暮らす京子。本人はOLだと言ってたが、何とこのダンナの秘書兼愛人だったらしい。

「す、すいません」
「もう二度と近づかないでくれ。じゃないとトレーニングセンターに連絡させてもらう」
「はい、わかりました」

 奥さんのいる前で愛人の名を出す無神経ぶりは理解しがたい。しかもダンナが同じ犬のトレセンを紹介していたなんて、ますます意味がわからない。が、言えた立場じゃない。
 オレは二度と彼女らと会わない確約書にサインをし、その場を離れた。



 犬の心は飼い主と同じ。依頼者は、揃いも揃って病を抱えており、仕事量は今も日増しに増えている。セックスはクスリの一種と言えるだろう。
 読者のみなさん。奥さんがペットを飼い始めたら要注意でっせ。



※当記事は裏モノJAPAN2004年3月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入


裏モノBAKAニュース8/3◆浮気相手と勘違いしてナイフを振り回した25才男、殺人未遂でタイーホ→被害者が可哀想過ぎでしょ(笑)


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
奥さん、今日はワンワンスタイルで~ドッグトレーナーのオイシすぎる日々/第4回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、スケベな犬の調教師をお送りします。


裏モノNEWS特別連載
ドッグトレーナーのオイシすぎる日々
奥さん、今日はワンワンスタイルで


薮田隆弘 25才 仮名

第4回 ※第1回はコチラから

封筒に
5万円が入っていた



 高橋さんとのことは、トレセンの誰にも打ち明けられなかった。調教師の大半は女性か年寄りである。一番歳が近い男も37才のガチガチのカタブツのため、とても同じ体験があるとは思えない。

 もっとも、センター長だけは妙に勘が働き、ことあるごとに「うまくやれよ」と意味深なことばをかけ、訪問トレの仕事量を増やしてくれる。実際、オレのトレーニングは評判がよかったらしい。

 出張は、週に1回が2回、3回となり、入社半年後、掃除当番から解放されると、完全に専門のトレーナーとなった。

 訪問先の人妻と肉体関係を持つことなどあり得ない。万が一、コトが公になったら身の破滅だし、仕事以外の時間にアヤコとヤリまくった分、性欲処理は十分に済んでいた。しかし――。

 訪問トレーニングの回数が増えるたび、意識が変わり始めた。依頼主である奥さん連中は、ペットそっちのけでオレの携帯番号を聞いてきたり、飲みに誘ってきたり、マジメに働いているのがアホらしくなってきたのだ。
 しょせん、彼女らにとっては、ペットも男遊びも同じヒマつぶしなのだ。だったら、オレも少しぐらい遊んでもええんちゃうか。

 平成13年秋。例の吉野夫人の愛犬キャンディが、レッスン最終日を迎えた。
 彼女とはあの日以来、妙な空気が流れ、付かず離れずのまま過ごしているが、今も好意をもたれていることはわかっていた。思い切っていったるか。

 いつもと同じようにトレーニングを淡々とこなし、玄関でさよならを言うと同時に、オレはいきなり彼女を抱きしめた。

「離れたくないんや」

 彼女が京都に本社を置く超有名企業社長の二号だということは、すでに本人の口から聞かされている。オッサンにはできない強引なアプローチで行けば、何とかなるという計算があった。

 唇を奪い、ミニスカートの中に手を入れると、シルクのパンティの上にすでに液が染みていた。

「めっちゃシタい」
「なんで急に?」
「つらいけど我慢しとったんや」

 大きな瞳が欲情して潤んでいる。豊かな乳房を背後からもみ、そのまま玄関でワンワンスタイルにさせて、アソコをピチャピチャ。バックから突き刺し、最後は中に発射した。

 その後は、2階のベッドに彼女を運び、夜まで5時間、合計4発射精。帰り際、彼女はそっとオレに封筒を差し出した。

「なに、これ?」
「また来てね」

 中には5万円の現金が入っていた。またひとつ、オレの倫理観が崩れていった。

最終回へ続く(8月5日公開)


※当記事は裏モノJAPAN2004年3月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入


裏モノBAKAニュース8/3◆駐車違反70回で罰金63万2千円、「まさか逮捕されるとは思わなかった」


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
奥さん、今日はワンワンスタイルで~ドッグトレーナーのオイシすぎる日々/第3回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、スケベな犬の調教師をお送りします。


裏モノNEWS特別連載
ドッグトレーナーのオイシすぎる日々
奥さん、今日はワンワンスタイルで


薮田隆弘 25才 仮名

第3回 ※第1回はコチラから

ぜひオマエでって
指名が入っとんねん



 吉野宅の訪問後、オレはトレセンで餌付けをしながら実に不安な毎日を過ごしていた。
 犬の躾を教科書どおりにこなし、センターへも時間キッチリに戻ってきた。が、逃げるように家を飛び出したのはさすがにマズかったのではないか。しかし…。

 1週間後、センター長から再び訪問トレーニングを申し付けられた。

「え、またですか」
「なんや、いやなんか」
「いや、その、ボクみたいな新人でええんかなって」
「それがな、吉野さんから電話があって、来週はぜひオマエで頼むという指名が入っとんねん」
「えっ?」
「なんやかんやいうても、トレーナーを派遣するなら、若い方がええいうことやろ。これからはオマエに任せるから、よろしく頼むわ」
「はぁ…」

 狐につままれたような気分だった。

 翌日、高橋家のマンションを訪問。御影石造りのエントランスをくぐり最上階へ上ると、チャイムを押す前にドアが開いた。
 またしても美人だった。30代前半の高島礼子似。やっぱ金持ちの奥さんは違う。

 部屋の中では、3匹のチワワが舌を出しながらオレを出迎えてくれた。ムダ咬み、飛びつき、拾い食い。ヤンチャだった性格はすでにベテラン調教師の手によって解消されている。今日は、外に連れ出し、散歩のチェックをするだけの楽勝仕事だ。
 さっそく高橋さんと愛犬を外に連れ出し、マニュアルどおりの散歩コースを歩かせた。ジーンズ姿の彼女と、おとなしく後ろをついていくチワワ。ペットの様子は万全だが、飼い主の高橋さんがドコかおかしい。

「薮田くん、ほんま楽しいわぁ」

 何かにつけオレを持ち上げ、必要以上に肩や腰に触れてくるのだ。昔から年上の女性にはモテた方だが、先日の吉野さんといい、どないなっとんねん。

お願い、もう一回
ベッドでして


 高橋宅でチワワのトレーニングをしてから3日後。再び、センター長の命令で彼女のマンションを訪れることになった。高い金を受け取っている手前、指名は断れない。
 部屋の中へ招かれると、奥さんがイタリア製ソファの上でワイングラスを掲げていた。

「ねぇ、薮田さんも呑まない?」
「はっ?」

 テーブルの上には高そうなワインが3本。2本はすでに空だ。

「すんません。お酒は嫌いじゃないんですけど、仕事中やから」
「いいじゃないの。ね?」
「奥さん、今日は最後のハンドリングトレーニングしますし、ご一緒にお願いしますよ、ほんまに」
「これも仕事やん…」

 ブルガリの結婚指輪が奥さんの薬指から外れ、クリスタルの灰皿にカラン…。同時に右手がオレの股間に伸びてきた。

「うわっ!?」

 アルコール依存症か、それとも極度の淫乱か。目が完全にイッている。それが慣れた手つきで、オレの如意棒を細い指先で弄び…。
 身をかわそうにも、緊張して動けなかった。いや、すでに理性は半分ぶっ飛んでいた。

「ワイン、呑ませたげるわ」

 高橋さんがワインを口に含みながらオレのジッパーをおろし、そのまま上下にネットリと唇を動かす。
 唇の隙間からこぼれる赤い液体をジュルルルとすいこむ様が、エロイ、エロすぎ。もう我慢できん!
 彼女を黄色いソファに押し倒し、スカートを剥ぎとると、パンティの中は、びしょ濡れの濡れ弁天だった。たまらず、その脇から挿入だ。

【キャンキャンキャン】

 チワワがソファをグルグル回っている。締まりは抜群。ピンク色の乳首もツンと上を向いたまま。乳、犬、アソコ、乳、犬、アソコ…もうダメだ!
 3分もしないうちに、オレは彼女の陰毛の上に白いキントン雲をぶちまけた。それでも、全身ピンク色に上気した彼女はオレの如意棒を握ったまま離さない。

「お願い、もう一回、ベッドでして」
「は、はい」

 神戸の港を見下ろす寝室で1時間かけて2回戦を終え、しばらくボーっとしていたら、彼女が問わず語りに話し始めた。
 結婚したのは2年前。ダンナは関西で有名なIT企業の取締役らしい。が、ゴルフだ接待だと言っては、愛人の家に入り浸り、マンションには週に2、3度しか近寄らないそうだ。
 そんな日々の寂しさに耐え切れず、彼女がチワワを飼い始めたのが半年前のこと。同時に酒も覚え、バーでナンパされては欲求不満を解消する日々を送っていたという。

「これからはアヤコって呼んで」

 そう言うと彼女はベッドに潜ってオレの愚息を丁寧に舐め、騎乗位のまま身体をガクガク震わせながらその日3回目の絶頂に達した。


第4回へ続く(8月4日公開)


※当記事は裏モノJAPAN2004年3月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入


裏モノBAKAニュース8/2◆1万円を盗み取った男、指名手配がかかっていると気付かず警察官へ挨拶→タイーホ、バカ過ぎです(笑)


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
奥さん、今日はワンワンスタイルで~ドッグトレーナーの美味しすぎる日々/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、スケベな犬の調教師をお送りします。


裏モノNEWS特別連載
ドッグトレーナーのオイシすぎる日々
奥さん、今日はワンワンスタイルで


薮田隆弘 25才 仮名

第2回 ※第1回はコチラから

黒木瞳似の若奥様が
太ももを寄せてきた


 我慢の限界が頂点に達しようとしていた5カ月下旬。突然、センター長に呼び出された。

「おい、薮田、芦屋の吉野さんとこにトレーナーに行ってくれへんかな? 佐藤のおやじさんが風邪で休んでしもたんや
「えっ!?」

 調教師が飼い主の自宅に直接出向く訪問トレーニングは、熟練担当者の役目である。オレみたいなペーペーがなんで?

「みんな出払ってるんやから、しゃあないやん。その代わり、変なことすなよ。あそこの奥さん、いい女やから」
「はぁ?」

 何を言うとるんだ、このオッサン。出張ドッグトレーニングは、週3回で月に6万もする超VIPコースである。変なことをするも何も、恥ずかしくない仕事ができるかどうか、キンチョーで心臓バクバクだ。

 予期せぬ初陣に足を震わせながら、地図を頼りに営業車で芦屋へ。20分後、大きな門の前で呼び鈴を探していたところ、駐車場の電動シャッターが開いた。
 最新型のベンツSクラスに、赤のアルファロメオ。外車2台の合間に軽自動車を停めるオレの手がわなわな震える。
 石畳を20~30メートルほど進み、瀟洒な洋館の玄関をノックすると、中から黒木瞳似の若奥様が現れた。

「あれ、今日は佐藤さんじゃないんですか?」

 歳は20代後半だろうか。艶やかなピンクのルージュが、ぷっくらとした唇を際立たせる。

「え、ええ、風邪で休んでしまいまして、代わりに僕がやってきました。初仕事でいたらない部分があるかもしれないですけど、よろしくお願いします!」
「フフ、かわいい」

 さっと背中を向け、オレを玄関に招き入れる奥さん。そのとき、フェンディのスカーフが胸元からハラリと落ちた。

 ヴィトンのスリッパを履き、リビングへ。軽く20畳はあろうかという室内を見渡すと、革張りソファに1匹のミニチュアダックスフンドが寝そべっている。

「ほら、キャンディ、先生ですよ。キャンディ、聞いてるの?」

 飼い主が呼びかけてもツンと澄ましたまま。オレはため息をつきながら愛犬カルテを開いた。乗り物追いがないか、破壊衝動がないか。名前や性別、購入場所のほか、犬の癖が詳細に記された報告書だ。

 が、こんなものを読まずとも、キャンディが典型的な『権勢症候群』であることは明白。早い話、自分をこの家のリーダーと勘違いしているのだ。

 オテやスワレなどの訓練は二の次。まずは人の命令に従わせるにはどう対処すべきか。飼い主と共に教育せねばならない。

「じゃあ、奥さん、ちょっとキャンディちゃんをここに座らせてもらえますか」
「……」
「お、奥さん聞いてます?」
「はぁ~い」

 な、なんで、笑いながらオレを見てるんだ。新人だからって、ナメているのか。

「犬の躾は忍耐が一番です。ダメなことは何十、何百回と注意して、相手が根負けするまで続けなければなりません」
「…はい」

 強い口調で諭したら、意外にも素直な態度でオレの指導に応じる若奥様。これじゃ犬に主導権を握られてもおかしくない。
 レッスンの後、ハロッズの紅茶をいただいた。向かいには奥さんが座っている。

「薮田くん、歳いくつなん?」
「え、ええと、23ですけど」
「若いのに腕のいいトレーナーさんなのね。ガールフレンドはいてはるの?」
「い、いいえ…」

 奥さんがオレの隣に席を替え、白いふとももをピタリと寄せてきた。な、なんや!?

「薮田くん、佐藤さんと担当代わってもらえへんかな?」

 擦り寄り、耳元で呟く奥さん。ほんまに、これはヤバイ…。

「し、失礼します」

 オレは彼女の白い手を振り払い、慌てて玄関を飛び出した。

第3回へ続く


※当記事は裏モノJAPAN2004年3月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入


裏モノBAKAニュース7/3◆強制わいせつ容疑でパクられた爺さん、『祈祷行為!』と主張する


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
奥さん、今日はワンワンスタイルで~ドッグトレーナーの美味しすぎる日々/第1回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、スケベな犬の調教師をお送りします。

 空前のペットブームで室内犬を飼う金持ち奥様が増えているが、自分では躾ができずに、専門の業者に頼む。やってきたのは、若い兄ちゃん、となればムフフフフ――。


裏モノNEWS特別連載
ドッグトレーナーのオイシすぎる日々
奥さん、今日はワンワンスタイルで


薮田隆弘 25才 仮名

第1回

 欧米諸国では市民権を得ているが、日本では未だ認知されていない仕事に“犬のトレーナー”という職業がある。
 トイレに散歩、食事作法。文字どおりペットをイチから教育する調教師のことだが、犬の躾は飼い主の義務。わざわざ金を払って、他人にお願いすることじゃないと思うのが一般的な感覚ではなかろうか。

 が、ドッグトレーニングは今や日本でも確実に根を下ろし始めている。例えば兵庫県の芦屋や宝塚。ご存知、関西を代表する高級住宅街では、ペット教育のため、10万、20万の大金を平気で支払う家庭も少なくない。昨今のペットブームで駄犬が市場に大量流出し、自宅で訓練するカリキュラムが急速に広まったのだ。

 依頼主の大半は、ヒマを持て余し、ペットで寂しさを紛らわせようとする奥様方。そんなスキだらけの飼い主の元に、若い調教師が現れたらどうなるか。

 ドッグトレーナーとなって2年。美人マダムたちの調教カルテを公開しよう。

資格を取得すれば
就職はいくらでも


 単なるプータローだったオレが、大阪の『西日本ドッグスクール(仮名)』というペット専門学校の門を叩いたのは平成10年3月。ハタチになったばかりのころだ。

 実家は、10匹の犬が同居するプチムツゴロウ一家で、オレも大の犬好きなのだが、正直、最初は乗り気じゃなかった。

「ブラブラしてんなら、体験入学でもしてき」

 口やかましいオフクロを納得させるためとはいえ、犬のトレーナーなんて、そんな誰も知らん仕事に就いてどないすんねん。それが本音だった。

 しかし、授業初日、教壇に現れた講師のことばを聞いた途端、オレはその気になる。

「ここ数年、犬のトレーニングセンターが右肩上がりで急増しています。我が校で週1の授業を3年間受け、ライセンスを取得すれば、就職はいくらでもお世話できます」

 講師はさらに、グラフを使って統計を示し、最後に、まだ認知されていない職業だからこそ先駆者には成功と報酬が約束されていると付け加えた。
 授業料は70万円と高いが、将来性は抜群。必死に親を説得し、金を工面してもらった。

 学校での授業は想像以上にハードだった。食事や排泄などの日常生活を教える服従訓練に始まり、首輪操作のリードトレーニング、障害物に慣れさせるアジリティートレーニングといった実地訓練と並行して、教室ではヨーロッパ仕込みの犬の心理学講義も行われる。

 こうした理論と実践を繰り返しながら、一方でバイトに明け暮れること3年。オレが晴れて日本レスキュー協会認定の『家庭犬トレーニングインストラクター』免許を取得、専門学校をトップクラスの成績で卒業したのは平成13年4月のことだ。

 就職先は、オファーを受けた数社から、地元のトレーニングセンターを選んだ。
 兵庫県○×市郊外にある『キャンベルドッグトレーニング(仮名)』。職員12名の比較的大きな業者で、小学校の半分ほどの敷地に、常時50匹からの犬を預かっていた。月給も22万と悪くない。

 新人のオレに任された仕事は、トレセン内をペット特有の悪臭や騒音から守り、常に清潔に保つことだった。ただ餌付けと掃除をこなしていくだけの毎日。初級トレーニングすら任せてもらえない。早々と希望は打ち砕かれたかのように思われた。


第2回へ続く


※当記事は裏モノJAPAN2004年3月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入


裏モノBAKAニュース7/3◆強制わいせつ容疑でパクられた爺さん、『祈祷行為!』と主張する


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。