FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萌え萌えマネーをがっぽり懐に…アキバのオタクから金をシャブり尽くしたヤクザ/最終回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、秋葉原とオタクです。


裏モノNEWS特別連載
萌え萌えマネーをがっぽり懐に…アキバのオタクから金をシャブり尽くしたヤクザ

佐藤賢 仮名 41才

最終回 第1回はコチラから

お宝を担保に金を融資。
利息トサンの『萌え金融』



 平成15年春、組の都合で大阪に帰った佐藤は、債権関係の本業に就くと同時に、大阪の電脳街・日本橋を舞台に、改めてオタクビジネスを開始する。

「これ見てみ(写真A)。全部、偽モンや。ようできてるやろ?」

 差し出されたのは、現在の主力商品だという『デュエルマスターズ』のトレーディングカード(以下、トレカ)だ。精巧な作りで、とてもニセモノとは判別つかない。

「個人的には『悪魔神ドルバロム』がお気に入りなんやけど、ほんまに本物と見分けつかへんからね。何と言ってもメイドインジャパンや」

 パソコンで自作したものでもなければ、香港やタイからの粗悪な輸入品でもない。佐藤は、技術に定評のある下町の印刷業者に現ナマを持ち込み、深夜作業で作らせている。

 フィギアやアニメグッズより、トレカは大量生産が利く。ゲームショップやヤフオクでサバいて、月に200万は稼いでいるそうだ。

「個人的にはフィギアも好きやねんけどな。竜人とか臼井政一郎とか人気原型師ってのがおって、そのニセモノがごっつ売れるねん」

 原型師とはガレージキットなどの型を作る製作者のこと。カリスマのレアモノと称して売れば、5万、10万と軽く値がつくらしい。

「同人作品なら製作者もうるさくないから、コピーモノがやたら売れるで。たとえば3年前の『月夜』とか、同人アニメ『ほしのこえ』のコピーDVDなんか、軽く1千万は儲かった」

 さらに佐藤は、最近、オタク専門のヤミ金も始めた。パソコン、デジカメ、フィギアにトレカ。換金率の高いお宝商品を担保に、トサンの暴利を貪っているそうだ。

 通常のヤミ金業者が必死になって金の回収に励むところを、最初に価値のある品物を押さえることでリスクを回避。なるほど、悪知恵を巧く働かせたシステムだ。

「金主(ヤミ金の出資者)が、“萌え金融”言うて、笑うてるわ。ここに書かれたら真似されてまうかなぁ。ま、商品知識がなければ、アカンけどな」



 数年前までの大阪日本橋は、IT技術の進歩に追いつかず、過疎化が進む一方だった。しかし現在は、閉鎖的な空気を打開するため、積極的にオタク商売を導入しているという。

 西の電脳街は、さらなる発展を遂げるのか。

「その答は『ああっ、女神さま』のみぞ知ると書いといて。さぶいねんけど、それがオタクやんねから(笑)」(終了)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。