FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
単なる『郵便物の転送』バイトがオレを前科一犯に追い込んだ理由/第2回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、インターネットで見つけた怪しいアルバイトです。※第1回はコチラからです。


裏モノNEWS特別連載
単なる『郵便物の転送』バイトが
オレを前科一犯に追い込んだ理由


種田すぐる 仮名 23才

第2回

<口座を開設する
お手伝いをしませんか?>


 1週間後、オレのアパートに初めて郵便物が届いた。送り主はカード会社のクレディセゾン。アライが言ってたとおり、“キチンとした会社”である。

 ふと中身を確認したい誘惑にかられたが、それだけは堅く禁じられている。オレはその郵便物を30センチ大の茶封筒に詰め、アライに指定された住所へ転送した。

 4日後、2通目の封筒が届く。今度もクレディセゾンからだ。さらに、その3日後のハガキもクレディセゾン。結局、1カ月の間に封筒7通、ハガキ2通の合計9通が郵送されてきたが、すべてクレディセゾンからだった。
 何か変だなと思ったが、オレの関知することじゃない。そんなことより計1万5千円の転送代がちゃんと振り込まれるかどうかの方が重要だ。が、アライの言葉にウソはなかった。経費を上乗せした1万7千円が振り込まれていたのである。

 2カ月目も順調に郵便物は届き、20通前後で約2万円の収入。こりゃラクでいいバイトだと思っていたある日、アライから1通のメールが届いた。

<口座を開設するお手伝いをしませんか?>

 口座を開設? 何のことかまるで理解できない。

<具体的にはどんなお仕事なんでしょうか>
<私が指定する銀行で、ある名義人の名前を使い、架空口座を作ってもらいたいんです。1件2千円ですが、いかがでしょうか>

 恥ずかしながらこのときオレは、架空口座の存在すら知らなかった。が、それが少なからず“犯罪”にからんでいることは想像できた。アライが何を企んでいるか知らないが、法に触れるのはイヤだ。転送サービスで月に1~2万もらえば御の字である。

<おそらく犯罪でしょうから、怖くてできません。ただ、やり方を聞き、安全だと思えたら考えます>

 丁重にお断りしたつもりである。しかし、アライはそう取らなかったようだ。それからすぐ、オレの元へ電話をかけてきたのである。

「種田さんですか? 例のバイトの件なんですが、御了承をいただかないと方法まで教えられないんです。ですから、もしソノ気になったら御連絡ください」
「……ハイ」

 意外なまでに冷淡なアライ。強烈なプレッシャーや脅し文句を浴びせられるかと思っていたオレは拍子抜けした。

「架空口座の開設バイトは転送サービスよりずっと実入りがいいんです。だからソコソコ希望者もおりまして。一口座につき報酬は2千円ですが、1つの銀行で家族5人分を作って10銀行回れば1日10万円稼ぐことも可能ですよ」

 正直言って心が揺れた。ヤバイ話だとわかっちゃいるが、アライの話ではこれまで何十人と依頼して一件の失敗もないという。もちろん警察沙汰になったことなど一度もないらしい。

 よし、それなら…。オレの心は決まった。

「先ほどのお話、やっぱりやらせてください。お願いします」
「そうですか。コチラも助かります。明日の御予定は?」
「朝から昼までバイトですが…」
「それでしたら、マニュアルと道具一式を午前中に郵便受けに入れておきますので、午後にもう一度私から連絡します」


第3回へ続く(5月27日公開)



裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。