FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ 平成の裏仕事師『インスタント僧侶』/最終回
※SEXより気持ちいい!? オナホールプレゼント受付中(7/1締切)


<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師よりインスタント僧侶のお話です。

 転職が盛んなご時世。ちょっとした金さえ積めば、坊主にもなれるって寸法で、主人公も50万で買った正式な僧侶の資格を使い、世にも奇妙な僧侶派遣業なる仕事を開業、荒稼ぎしております。アイデア一つで金は稼げるもの。社会勉強にお一つご覧ください――。※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
坊主丸儲けとは、よく言ったもんだ
平成の裏仕事師『インスタント僧侶』


松川惟一 仮名 42才

最終回

坊主に布施を払うなら
生きてるうちに使え


 修行をした僧侶と、裏ルートで度蝶を得た松川氏が葬儀で読むお経は、一字一句同じである。ただ、違うのは、その後に支払われるお布施の額だけだ。

 ホント、この仕事を始めてわかったことは、仏教ビジネスのえげつなさです。私は世間の人に声を大にして言いたいですね。「まだ、あんたらわからないのか」って。

 死んで極楽浄土にいくなんて、宗教家が作り上げた幻想。私も昔は神や仏を信じてましたが、いまはウソだと断言できる。神様がいるなら、真っ先にナマクラ住職たちにバチが当たってるはずですから。

 葬式で何十万も坊主に払っちゃダメですよ。どうせ金を使うなら、生きてるうちに贅沢させてやらないと。なんせ、坊主なんて誰でもなれる、有難くもなんともない商売ですからね。

 私は修行していないことで客を騙してるとは思いませんよ。やってることは他の僧侶と一緒。ヘタすりゃ、私の方が知識あったりしますからね。

 いまはまだ具体的な将来設計はできてませんが、依頼がある限り、このまま坊さんを続けていきますよ。葬式に意味がないとしても、この風習がなくなることはないでしょうから。

 本当は、コンピュータを導入して、営業マンを使って仕事を取れば、もっと稼げると思うんですが、バリバリ働くってのもねぇ。お金も、これ以上あっても使い道に困りますし。



 たぶん、この記事を読んだらマネしたいって人が出てくると思うんですよ。でも、それはムリでしょうね。伝統宗派は戒律が厳しいので、私たち以外に度蝶を出すなんて考えられない。ま、これも坊さんの言うところの仏縁ってやつじゃないですか。



終了


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。