FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪徳ライブイベンター/第2回 裏モノJAPAN2001年8月号『平成の裏仕事師』より
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、平成の裏仕事師より悪徳ライブイベンターをお送りします。

 今も昔も、ミュージシャンは若者にとって憧れの職業。夢を追う者は後を絶たないが、そんな若い連中に巧みに声をかけ、高額料金でインチキイベントに立たせる、裏仕事師の登場です。いかにして金を吸い上げるのか。世にも珍しい現代の錬金術!!

※第1回はコチラから


裏モノNEWS特別連載
ヤツら、夢のステージに立てるなら金は出しますよ
平成の裏仕事師『悪徳ライブイベンター』


小西克美 仮名 27才
interviewer 佐藤正喜(編集部)

第2回
声かけようと
思ってるんだ



●じゃあ具体的にまず仕事は何から始まるんだろ。
○最初は会場を借りるとこですね。これは電話一本です。企画書も何も要らない。ライブハウスに日時とイベント内容と出演バンド数を伝えれば、「じゃあ押さえておきますから」ってなりますから。
●費用は?
○だいたい地方のキャパ150人程度のとこだと10万ぐらい。大阪、名古屋で25万、東京の「鹿鳴館(目黒)」クラスで30万かな。
●そのクラスでも電話一本で取れるんだ。
○えぇ、後は東京だと新宿の「ロフト」とか渋谷の「ON AIR EAST」とか。
●へぇ、結構有名どころじゃない。プロも演ってるよね。
○そこが大事なんですよ。地方のバンドマン君たちは、そんな有名な箱で演奏できるってことに舞い上がるんですから。
●え、地方から呼ぶの?
○やっぱり田舎モンの方が引っかけやすいですからね。
●じゃあ、そのバンド集めの話を。
○『バンドやろうぜ』って雑誌を知ってます?
●うん、なんか聞いたことあるね。
○アマチュアバンドのバイブルみたいな雑誌なんですけど、そこにバンドの告知コーナーがあるんですよ。いついつライブやるんで来てくれよーみたいな。
●はいはい。
○地方のバンド君たちが、カッコつけて写真とか載っけてるわけですけど、住所や電話番号も書いてあるんですね。
●ファン獲得のためにね。
○そうそう。それを見て、かたっぱしから電話かけるんです。なんとかミュージックとかなんとかコーポレーションとか、適当な会社名を名乗って。
●イベント会社っぽい感じで。
○「今度、新宿のロフトでイベントやるんだけど、ちょっと君たちのことが気になってね」とか。
●東京の業界の人から直々に。
○もうそれだけでヤツらにとっちゃとんでもないことですよ。で、ここから出演の約束を取り付けるんですが、当然そいつらの音楽なんて聞いたことないんで。
●写真、見ただけですもんね。
○ええ。でも、「こういう色のバンドが欲しかったんだ」とか言って持ち上げるわけです。
●色(笑)。
○「どういう音楽やってんの? へぇ、怪しい感じなんだ。やっぱりモジュレーション系なのかな。写真から伝わってくるよ」とか。伝わるわけないんですけど。
●まあね。
○「こいつ、めちゃくちゃイケてるねぇ。シャズナのイザムみたいにキャラをたてれば絶対売れるよ」っておだてたり。
●ベタなとこ出してくるね。
○ここのポイントは中の1人を軽くけなしておくことです。「ちょっとこいつはヤバくない?」とか。完全にヨイショするんじゃなくて、ちゃんとバンドを分析的に見てるんだってことをアピールしないと。
●けなしたヤツが電話の本人だったりして。
○ははは、そういうこともあるんですけど、まぁそんときはそんときで。
●他は。
○後は、「どのくらい動員あるの?」って聞いたり。だいたい今まで一番入ったときを言ってきますから「へぇ80人か。それだけ入れば今度のイベントも期待できるね」とか、とにかく持ち上げるだけ持ち上げる。
●ふーん、でもそんなので参加を決めたりするもんなのかな。いくらイベントって言葉に弱いとはいえ、チケットのノルマだってあるわけだし。
○もちろん付加価値を与えてやらないといけないんで、半メジャーぐらいのバンドの名前を出しておくんです。「デュールクォーツとカグラに話振ろうと思ってんだけど」とか。これ、ちょっと有名なバンドなんですけどね。
●振ろうと思ってるんだ(笑)。
○そう、思ってるだけです。消火器売りの「消防署の方から来ました」と一緒ですね。
●なるほど。
○後、連中は「チケットぴあで発券するから」って言葉に弱いんですよ。
●ほぅ。
○今まで彼らはラルクだの何だのチケットぴあで買っても、自分たちのライブチケットは手売りしてたわけじゃないですか。
●そうだね。
○それが「今度のイベントはぴあで発券するから」って言えば、もうラルクと同じ土俵に上がった気になっちゃって。
●そんなことできるの?
○これは意外と盲点で、ぴあって簡単に登録できるんですよ。適当な会社をデッチ上げて、1万5千円を払って登録しておけば、発券してくれるんですね。1枚につき10円取られるんですけど。
●確かにカッコ良さげではあるような。
○ぴあ発券ってのが一種のブランドになってるんですね。でも、実際にぴあで買うヤツなんていないわけですけど(笑)。
●だろうね。
○すると大体「他のメンバーと相談します」って返事があるから、「あと2バンド分しか空いてないから早めにね」と焦らせておけば、すぐ電話してきますよ。
●ほとんどはその『バンドやろうぜ』から集めてくるんだ。
○ライブハウスとか楽器屋のチラシも見ますね。
●路上で歌ってる連中とかはどうなの?
○ああ、ありますね。新宿のコマ劇場前でギター弾いてるやつらに声かけたことも。
●よくいるよね。
○「これこれこういうイベントがあるんだけど、出てくれないかな。お客さん入るしさ」って。そしたら、「え、いいんですか、俺たちで」とか喜んじゃって。
●ほうほう。
○で、どう聴いても尾崎豊なんだけど、「君たち、これオリジナル? あ、カバーなんだ。そっか、それだとキツイなぁ」って。
●キツイんだ?
○いや、いったん落ち込ませる方がいいんですよ。その後で「ちょっと掛け合ってみるから」って携帯取り出して1人芝居するんです。「いい子たちがいるんです。センスもいいし、今回だけなんとかなりませんかね。あ、大丈夫ですか。どうもすみません」という具合に。
●落胆させてから拾い上げるのか。考えてるね。

第3回へ続く(7月5日公開)


※当記事は裏モノJAPAN2001年8月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入


裏モノBAKAニュース7/5◆「助けてあげる」と狂言を働き、女子高生と3回Hした厚木市職員パクられる


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。