FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥さん、今日はワンワンスタイルで~ドッグトレーナーのオイシすぎる日々/第4回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、スケベな犬の調教師をお送りします。


裏モノNEWS特別連載
ドッグトレーナーのオイシすぎる日々
奥さん、今日はワンワンスタイルで


薮田隆弘 25才 仮名

第4回 ※第1回はコチラから

封筒に
5万円が入っていた



 高橋さんとのことは、トレセンの誰にも打ち明けられなかった。調教師の大半は女性か年寄りである。一番歳が近い男も37才のガチガチのカタブツのため、とても同じ体験があるとは思えない。

 もっとも、センター長だけは妙に勘が働き、ことあるごとに「うまくやれよ」と意味深なことばをかけ、訪問トレの仕事量を増やしてくれる。実際、オレのトレーニングは評判がよかったらしい。

 出張は、週に1回が2回、3回となり、入社半年後、掃除当番から解放されると、完全に専門のトレーナーとなった。

 訪問先の人妻と肉体関係を持つことなどあり得ない。万が一、コトが公になったら身の破滅だし、仕事以外の時間にアヤコとヤリまくった分、性欲処理は十分に済んでいた。しかし――。

 訪問トレーニングの回数が増えるたび、意識が変わり始めた。依頼主である奥さん連中は、ペットそっちのけでオレの携帯番号を聞いてきたり、飲みに誘ってきたり、マジメに働いているのがアホらしくなってきたのだ。
 しょせん、彼女らにとっては、ペットも男遊びも同じヒマつぶしなのだ。だったら、オレも少しぐらい遊んでもええんちゃうか。

 平成13年秋。例の吉野夫人の愛犬キャンディが、レッスン最終日を迎えた。
 彼女とはあの日以来、妙な空気が流れ、付かず離れずのまま過ごしているが、今も好意をもたれていることはわかっていた。思い切っていったるか。

 いつもと同じようにトレーニングを淡々とこなし、玄関でさよならを言うと同時に、オレはいきなり彼女を抱きしめた。

「離れたくないんや」

 彼女が京都に本社を置く超有名企業社長の二号だということは、すでに本人の口から聞かされている。オッサンにはできない強引なアプローチで行けば、何とかなるという計算があった。

 唇を奪い、ミニスカートの中に手を入れると、シルクのパンティの上にすでに液が染みていた。

「めっちゃシタい」
「なんで急に?」
「つらいけど我慢しとったんや」

 大きな瞳が欲情して潤んでいる。豊かな乳房を背後からもみ、そのまま玄関でワンワンスタイルにさせて、アソコをピチャピチャ。バックから突き刺し、最後は中に発射した。

 その後は、2階のベッドに彼女を運び、夜まで5時間、合計4発射精。帰り際、彼女はそっとオレに封筒を差し出した。

「なに、これ?」
「また来てね」

 中には5万円の現金が入っていた。またひとつ、オレの倫理観が崩れていった。

最終回へ続く(8月5日公開)


※当記事は裏モノJAPAN2004年3月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入


裏モノBAKAニュース8/3◆駐車違反70回で罰金63万2千円、「まさか逮捕されるとは思わなかった」


裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。