FC2ブログ
裏モノJAPAN公式ブログ











月刊誌『裏モノJAPAN』(鉄人社刊)の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の『1人出張ホスト』体験記/第一回
<編集部より>
 巷で話題のニュースや現象を過去の裏モノJAPANで読み解く裏モノNEWS。今回のテーマは、出張ホストをお送りします。

 お小遣いをくれる女性を紹介するといい、数十万円の保証金をダマしとる――。数年前に爆発的に流行った出張ホスト詐欺に引っかかった男が、苦労の末、自ら開業するまでに至った涙ながらのお話、ご覧ください。


裏モノNEWS特別連載
ダマされ続けた男がようやく掴んだ、ささやかな成功
私の『1人出張ホスト』体験記


岩城聖史 34才 仮名 関西在住の会社員

第1回


保証金と登録料で
30万をダマしとられ


 出張ホストと言えば、昔から詐欺が当たり前でした。
 特に私が社会人となった97~98年頃は、スポーツ紙の三行広告に毎日のように宣伝が乗り、私もすっかり騙された口なのです。

 最初は99年、某投稿写真誌の【有閑マダムを紹介します】という広告です。当時は20代半ばのヤリたい盛りですから、願ったり叶ったりとばかりに業者の事務所へ出向いたところ、保証金と登録料名目で30万を請求されました。

 冷静な頭脳の持ち主なら、すぐにそのカラクリに気づいたでしょう。しかし私は、中学から大学時代まで柔道部に籍を置く程の体育会人間。頭より先に身体が動いてしまうため、過去には、ヤクザ経営のホテトルでぼったくられたり、偽のスワッピングパーティで金をダマシとられたりで、このときもコロッと30万イカれてしまったのです。

 業者からは、1人だけ有閑マダムを紹介されました。相手はミヤコ蝶々みたいなオバサンで、満足させるどころか、彼女を怒らせ、結局、保証金を全額没収されたというオチがつきました。


 それでも私は、夢をあきらめきれず、次にスポーツ紙で見つけた【出張ホスト急募】に手を出します。電話で詳細を伺えば、入会金も年会費もタダ。今度こそホンマもんや! 思わず心が躍りました。

 浮き足立つ私に、業者は冷たく言い放ちました。希望者殺到のため、すでに応募は打ち切った。もう、ほとんど余裕はない--。
 慌てて入会し、宣伝費のチラシ代5万円を払い終えたところで、連絡がプッツリ途絶えました。26才、冬のことです。


いっそ、自分で
立ち上げたらどうか


 二度のダマシですっかり心に傷を負った私は、それから性根を入れ替えて仕事に打ち込みました。営業で業績を上げ、28才で結婚。その1年後には長男も授かります。

 家庭を築いたことで会社から一層の信用を得ると、30才の若さで社内の出世街道・商品管理課へ配属が決まりました。普通、企業の商品管理課というと、在庫チェックが主な日陰部門ですが、古い体質の我が社では帝王教育の一環として幹部候補を送り込むのです。

 しかし、営業畑をバリバリと歩いてきた私には、退屈で仕方ありませんでした。本気で働けば、勤務時間は半分で終了。時間も体力も有り余り、そのうち風俗通いに精を出すようになると、またぞろ出張ホストへの興味が湧き上がってきたのです。


 なぜ、そこまで出張ホストにこだわるのか。自分でもよくわかりません。強いて言うなら、金を払うプロ相手ではなく、欲求不満の女性相手に自分の腕を試したかったのでしょう。残念ながら愛だの恋だのメールナンパは、自分の性に合いません。

 とは言うものの、世に真っ当な出張ホスト業者など存在しないことは歴然としています。ならば、いっそのこと自分で立ち上げたらどうか。私にすれば、ごく自然な流れでした。

 自分の取り柄は体力と実行力だけ。むろん、どんな女性でもお相手するつもりでしたが、いざというきモノが役に立たなければ話になりません。

 そこで、まずは、いつでもどこでも勃起できるよう、官能小説で想像力を養ってみたり、ズリネタなしの夢想オナニーに耽るなどして訓練。同時に、身体を引き締めるため、ランニングや筋トレにも本気で打ち込みました。気分は『蘇る金狼』の松田優作です。

 こうして、自己満足ながら、心と体の準備を整え終えた02年春、私はいよいよ実行に移します。自らを“セックスセラピスト”と称し、手製のチラシをマンションや団地に配布したのです。

【貴女を癒したい…。普段は出来ないこと…、言えないこと…。家族も友人も彼氏も同僚も、誰も知らない本当の貴女…。心の奥に秘められた欲望を満たしたい…】

 いかにもベタな文面ですが、これはあえて狙ったものです。料金は1時間5千円、2時間1万円。また具体的な希望は、会ってから【願望カルテ】に記入してもらうことにしました。

 これで毎週のように違う女性をイカせることができる--。本気でそう思っていたのですから、大バカ者です。


第2回へ(9/17公開予定)


※当記事は裏モノJAPAN2006年3月号に掲載されております。バックナンバーをお求めの方は下記リンクよりご購入ください。
携帯で購入
PCで購入




裏モノ携帯サイトで公開中→★秘蔵のエロ写メ★を見るには、メルマガ登録をお願いしております。方法は、件名に裏モノメルマガ登録希望と記載して、★コチラ★まで空メールを送るだけ(※無料です)。後日、パスワードをメルマガで発行いたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。